gemforexの評判について、意外なメリットとデメリットとは?

海外FX

ゲムフォレックスの評判についてです。

今までは、スペック自体は高かったものの、金融ライセンスを取得していない、ということで、二の足を踏んでいた人も多かったようですが、2019年6月に満を持して、「ニュージーランドNSPライセンス」を取得しました。

ライセンスの面での不安もこれで解消されて、一気に評価が高まるところとなりました。

日本人創業だから日本人向け対応が抜群にいい

日本人向けに日本語対応しているブローカーは複数ありますが、
そのレベルの差はいろいろです。

中には、英語をただ翻訳機で訳したものをそのままページに載せているだけのところや、
メールでのやり取りが不自然な日本語だったり、
スカイプで会話しても、言葉が片言だったり、など
「本当に日本語対応なの?」と疑問符の付くところもあります。

それにひきかえゲムフォレックスは、ネイティブな日本人が対応にあたってくれるのはもちろんのこと
ウェブサイト内の日本語、やマニュアルも完璧です。
MT4の操作方法を解説したPDFや動画もあり、MT4の解説動画ももちろん日本語です。

これは、創業者、そして現在の役員3名が日本人だから、という理由が大きいです。
ロゴマークに「MADE IN JAPAN」と書かれていますが、これは、日本市場を最重要視していて、
日本人顧客を大切にすることのあらわれでもあります。

使い勝手も海外FX業者であることを全く感じさせない分、トレードにおいても言語の壁がストレスに
なることはありません。

・ボーナスがトップレベル

ボーナスも豊富です。
ゲムでは3種類のボーナスが用意されています。たとえば、新規口座開設ボーナスですが、
XMでは3千円一律なのに対し、ゲムトレードでは5千円~2万円となります。
また、乗り換えサービスでは他社で被った損失をカバーしてくれるという太っ腹なボーナスキャンペーンも
展開しています。

詳しくはこの記事にまとめてあります。

gemforexのボーナスキャンペーンがすごい
近年では、XMをもしのぐほどの口座開設者数を集めているゲムフォレックスですが、その人気のヒミツのひとつにあげられるのが、豪華なボーナスキャンペーンです。 大きく分けて3つのボーナスキャンペーンがあります。

・FXの自動売買(EA)やミラートレードが全て無料で使い放題

創業の経緯を見れば分かるのですが、ゲムフォレックスの前身は「ゲムトレード」といって
EAやミラートレードを提供、サポートする会社でした。

古くからFXの自動売買に取り組んでいる人であれば、ゲムトレードの名前は知っていると思います。
その会社はFX会社へと転身したわけですが、当時の流れはGemForexの名前になった今も引き継がれていて、現時点で合計200を超えるEAが無料、そして使い放題になっています。

最近の自動売買は特にレベルが上がってきていて、裁量トレードが専門だった人も、自動売買を併用しはじめています。

初心者も、経験者も自動売買(EA)を使ったFXをはじめるには最適な業者だといえます。

他社では、EAを使っているとマークアップ(スプレッドを上乗せされて手数料として徴収)があるのですが、GEMでは、スプレッドが同じなのもありがたいです。成績順、人気順で見ることもできますので、成績、人気でEAを選んでダウンロードができます。
全てのEAのフォワード成績も公開されていますので、トレードでどれだけプラスの収支をあげているEAかが一目で分かります。

・スプレッドが狭い

海外FXといえば、国内業者と比較してスプレッドが広い・・というマイナス面があります。

・ニュージーランドのライセンスを取得

今までは、「ライセンスがない」というのが最大のデメリットだったのですが、ついに2019年6月ニュージーランドライセンスを取得しました。ニュージーランドライセンスはかつては、それほど権威があるわけではありませんでしたが、2015年暮れに基準を満たしていない業者のライセンスをはく奪したことにより、その基準の高さが多くの関係者に認められることにより、高い評価を得ることとなりました。
ゲムフォレックスがライセンスを取得したことにより、長年の懸念のひとつが解消されて一気に信頼度がアップすることとなりました。

海外FX業者のライセンス事情
口座開設をするにあたり、その業者が信頼できるかどうかをみるのに、参考になるのが「ライセンスを取得しているかどうか」があげられる。 ライセンス不所持の状態で営業をおこなっている会社もある中で、ライセンスを所持しているということは、一定の...

GEFOREXの会社概要

金融ライセンス:2019年6月にニュージーランド金融ライセンス取得
運営実績:2014年10月~
レバレッジ:1,000倍
ロスカット水準:50%
ゼロカットシステム:あり、追証なし
プラットフォーム:MT4
取扱い通貨ペア:33通貨ペア
取扱いCFD:12銘柄
入出金手段:クレジットカード、デビットカード、国内銀行送金、ビットコイン
EA:無料、使用制限なし

取引口座は2つ。おすすめはボーナスをもらえるオールインワン口座

GEMFOREXは2種類の口座があります。一般的な口座となるオールインワン口座と、スプレッドが狭い代わりにボーナスがつかないノースプレッド口座です。
それぞれの特徴がありますが、最初に開設するのは、ボーナスをもらえるオールインワン口座が圧倒的におすすめです。

・オールインワン口座
スタンダードな口座で最初はこの口座を開設してボーナスをもらいましょう。
オールインワンという名の通り、この口座があれば、一通りのことはできます。

・ノースプレッド口座
スプレッドが狭い代わりに、豊富なボーナスキャンペーンの対象外となってしまうので注意しましょう。
特に一番初めにノースプレッド口座を開設してしまうと、口座開設ボーナスの対象外となってしまってもらえなくなります。

GEMFOREXのスプレッド

かつては、スプレッド競争不参加と明言し、他のサービスを充実する代わりに、スプレッドの必要以上狭くすることはしない方針でしたが、2019年からは、会社の方針も変更されたようで、スプレッドが見直されました。その結果、海外FX業者の中でもトップを争うほどのレベルになり、現在ではGEMFOREXのスプレッドは海外FX業者の中でも最も小さいレベルにまでなりました。

オールインワン口座とノースプレッド口座の平均スプレッドをにまとめました。

ノースプレッド口座はNDD業者のECN口座となるので、スプレッド以外にも取引手数料がかかりますが、GEMFOREXのノースプレッド口座は取引手数料がかかりません。

オールインワン口座 ノースプレッド口座
USD/JPY 1.2pips    0.3pips
EUR/USD 1.2pips    0.3pips
EUR/JPY 1.4pips    0.5pips
GBP/USD 1.5pips    0.8pips
GBP/JPY 1.9pips    1.0pips
AUD/USD 1.5pips    0.3pips
AUD/JPY 1.6pips    0.6pips

GEMFOREXのスプレッドを他社と比較

ゲムフォレックスのスプレッドを、XM、トレードビューと比較してみます。

・オールインワン口座のスプレッド比較
GEMFOREXオールインワン口座とXMスタンド―ド口座の平均スプレッドが下記になります。
いずれもXMのスプレッドより狭くなっています。

通貨ペア GEMFOREX オールインワン口座 XM スタンダード口座
ドル円   1.2pips 1.6pips
ユーロドル 1.2pips 1.8pips
ユーロ円 1.4pips 2.5pips
ポンドドル 1.5pips 2.2pips
ポンド円 1.9pips 3.6pips
豪ドル米ドル 1.5pips 2.0pips
豪ドル円 1.6pips 3.4pips

・ノースプレッド口座のスプレッド比較
GEMFOREXノースプレッド口座のスプレッドと、
tradeviewのILC口座の平均スプレッドを比べてみます。
コストをトータルで見るため、トレードビューについては取引手数料(o.5pips/1lot)を含めます。

通貨ペア GEMFOREX ノースプレッド口座 Tradeview ILC口座
ドル円 0.3pips 0.6pips
ユーロドル 0.3pips 0.6pips
ユーロ円 0.5pips 0.9pips
ポンドドル 0.8pips 1.0pips
ポンド円 1.0pips 1.0pips
豪ドル米ドル 0.3pips 0.7pips
豪ドル円 0.6pips 1.0pips

これでみてもゲムフォレックスが狭いのが分かります。スプレッドでもNo.1です。

ノースプレッド口座のデメリット

スプレッドの狭さではメリットが大きいですが、逆のデメリットもあります。

・最低初期入金額が30万円と大きめ。
・ボーナスの対象外
・裁量トレード専用(EA、ミラートレードは使えない)
・過度のスキャルピングに規制がかかる
本来であれば、スプレッドが狭い=スキャルピング向きと考えますが、

GEMFOREX(ゲムフォレックス)では、ノースプレッド口座を使った過度なスキャルピングは禁止となっています。
目安としては短期間(5分間程度)に往復合計10Lot以上での連続した取引をおこなうと状況にとっては、アカウント停止になります。
海外ブローカーでは、スキャルピングの規制がないところがほとんどですが、GEMFOREXは秒スキャなどはガイドライン違反となる可能性があります。

GEMFOREXはNDD業者だが、DD業者だといわれる理由

GEMFOREXはNDD方式を採用します。
ただ、スキャルピングやシステムトレードに対して制限をされているところから、DD方式(B-book)を採用しているのでは?
と噂されています。

ただし、実際には出金拒否や、注文を呑む行為、不自然なスリッページなどもなく、過度の心配をする必要はありません。
ただ、ガイドラインにあるように、短期間での過度の取引や10ロット以上の大きな取引については、注意したほうがいいでしょう。

 

レバレッジ

レバレッジは業界トップクラスの1000倍ですが、口座残高によって変わります。

口座残高200万円($2万)未満:レバレッジ1,000倍

口座残高200万円($2万)以上:レバレッジ500倍

口座残高が200万円以上の場合はレバレッジが500倍に変わります。

ロスカット水準

ロスカット水準は50%となります。証拠金維持率が50%以下になると含み損が多いポジションから強制決済(ロスカット)になります。

ゼロカットシステム

GEMFOREXではゼロカットシステムを採用しているため、追証はまったくありません。
国内業者と違い入金した以上の金額を負担することがないので、安心してトレードができます。

スキャルピング

公式サイトQ&A内ではスキャルピング制限なしとありますが、ガイドラインには制限がある旨書かれています。
大ロット、短時間での頻繁な売買は気を付けたほうがいいでしょう。

複数口座を併用した両建て禁止

両建てについては、同じ口座内での両建てのみ認められており、他の複数口座を併用した両建ては禁止となっています。
GEMFOREXの口座だけではなく、他の会社の口座を使った両建ても禁止されていますので行わないようにしましょう。

両建て禁止の理由ですが、海外FX業者のボーナスの悪用防止です。これをつかったアービトラージをおこなうと、業者に一方的な損失がかかってしまいます。
そのため、出金拒否、口座凍結になる可能性が極めて高いです。

GEMFOREXで出金拒否になるケース

これは、ユーザー側に問題がある場合がほとんどです。
「ボーナス利用の両建てアービトラージ」「指標トレード」「週初めの窓開け、窓埋めトレード」は出金拒否や口座凍結の対象となります。

ボーナス利用の両建てアービトラージ

入金ボーナスキャンペーンをやっている海外FXブローカーは、ボーナスを悪用した両建てアービトラージをおこなうと出金拒否の対象になります。
自分名義でなければ大丈夫などと他人名義の口座を使って両建てをしても間違いなくバレます。

ボーナスを悪用した両建てアービトラージとは?
1.ボーナスが利用できる2つの口座を用意
2.それぞれの口座にボーナスを利用して入金

例)口座A 10万円入金+10万円ボーナス=証拠金20万円
口座B 10万円入金+10万円ボーナス=証拠金20万円
3.口座Aでドル円の買い、口座Bでドル円の売りを同時にエントリー
4.片方の口座がロスカットになったら、もう片方のポジションを利確する
5.ロスカット水準0%だったとすると、チャートが上げた場合A口座は20万円の利益になり、B口座は20万円の損失になるが、この証拠金にはボーナス10万円が含まれているため、実際の損失は10万円となる
6.つまりトータルで10万円の利益を出すことができる
もちろん禁止行為となり、この利益は出金拒否となります。

指標トレード、窓開け、窓埋めトレード

ゼロカットを悪用した指標、窓開けトレードとは?

雇用統計など大きく動く経済指標の直前に、ロスカットにならないほどの大量のポジションを保有した場合、海外FXの場合はゼロカットシステムを採用しているため、仮に負けたとしてもトレーダーの最大損失額=入金額ですむのに対し、もし勝った場合は多額の利益を得られます。
もちろんこれもボーナスの悪用にあたるので禁止行為となります。

入金

・GEMFOREXで出金拒否になるケース
これは、ユーザー側に問題がある場合がほとんどです。
「ボーナス利用の両建てアービトラージ」「指標トレード」「週初めの窓開け、窓埋めトレード」は出金拒否や口座凍結の対象となります。

・ボーナス利用の両建てアービトラージ
入金ボーナスキャンペーンをやっている海外FXブローカーは、ボーナスを悪用した両建てアービトラージをおこなうと出金拒否の対象になります。
自分名義でなければ大丈夫などと他人名義の口座を使って両建てをしても間違いなくバレます。

ボーナスを悪用した両建てアービトラージとは?
1.ボーナスが利用できる2つの口座を用意
2.それぞれの口座にボーナスを利用して入金

例)口座A 10万円入金+10万円ボーナス=証拠金20万円
口座B 10万円入金+10万円ボーナス=証拠金20万円
3.口座Aでドル円の買い、口座Bでドル円の売りを同時にエントリー
4.片方の口座がロスカットになったら、もう片方のポジションを利確する
5.ロスカット水準0%だったとすると、チャートが上げた場合A口座は20万円の利益になり、B口座は20万円の損失になるが、
この証拠金にはボーナス10万円が含まれているため、実際の損失は10万円となる
6.つまりトータルで10万円の利益を出すことができる
もちろん禁止行為となり、この利益は出金拒否となります。

・指標トレード、窓開け、窓埋めトレード
ゼロカットを悪用した指標、窓開けトレードとは?

雇用統計など大きく動く経済指標の直前に、ロスカットにならないほどの大量のポジションを保有した場合、
海外FXの場合はゼロカットシステムを採用しているため、仮に負けたとしてもトレーダーの最大損失額=入金額ですむのに対し、
もし勝った場合は多額の利益を得られます。
もちろんこれもボーナスの悪用にあたるので禁止行為となります。

ゲムフォレックスの入金方法は、クレジットカード、デビットカードであれば取引口座にすぐに反映されます。デビットカード、クレジットカードの最低入金額は5,000円、国内銀行振り込みの最低入金額は1円からで、いずれお入金手数料なしでの入金が可能です。それ以外だとビットコインやイーサリアムといった仮想通貨PerfectMoney、PAYEER、ZOTAPAY、STICPAY、FastPayでの入金もでき、入金手数料は全て無料です。

※クレジットカードはVISA、Master、JCB、アメックス、DINERS Club、DISCOVERに対応

出金

出金は国内銀行振り込み、bitwallet、ビットコインが出金手数料なしで利用可能で、出金申請から着金までは3日以内におこなわれます。

出金時は保有している全てのポジションを決済する必要があります。そして、出金をすると全てのボーナスが消滅しますので注意が必要です。

ミラートレードが無料提供

マイページ上での操作だけで、プロトレーダーのトレードや売買システムのオーダーをそのままコピーしてトレードすることができます。
EAの場合はMT4を1日中稼働する必要がありますが、ミラートレードはEAの設定やMT4の常時稼働が必要ありません。

また、ミラートレードはシステム利用料としてマークアップ(スプレッド上乗せ)がありますが、
ゲムフォレックスのミラートレードはマークアップなしで利用ができます。
つまり完全無料で使えるということです。

ミラートレードの利用条件

GEMFOREX(ゲムフォレックス)では60を超えるストラテジーの中から好きなものの利用ができますが、利用できるストラテジーの数は口座残高によって変わります。
なお、EAとは異なる点としては

口座残高を増やすことで、利用できるストラテジーの数が決まって来るという点です。
口座残高5万円~20万円:1つまで利用可能
口座残高20万円~50万円:3つまで利用可能
口座残高50万円~100万円:5つまで利用可能
口座残高100万円~:無制限で利用可能
※ストラテジーの途中変更は回数制限なしで可能です

評判・評価と口コミ

金融ライセンス取得前の口コミと取得後の口コミは分けてみたほうがいいでしょう。とはいっても、取得前の口コミも悪いものはほとんど見当たりませんでした。
2019年以降は一気に顧客が増えているので、口コミの急激な増加も予想されます。
常に新しい情報は知っておいた方がいいでしょう。

総合評価

2018年までは「スペックは高いのに、ライセンスがないからおすすめはちょっと・・」
といわれてきましたが、2019年6月に満を持してニュージーランドライセンスを取得したので、おすすめできる業者のひとつとなりました。
充実したボーナス、狭いスプレッド、日本語サポート完備、安定したサーバ、EAの無料提供などどれをとっても、業界トップクラスです。

まずは、新規開設ボーナスを使って、ノーリスクで使い心地を試してみてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました