HOTFOREXの口コミと評価

海外FX

「HotForexは2010年の設立以来、日本でもたくさんのトレーダーが利用している大手FX業者だ。
金融ライセンスの関係で、2013年に一時日本から撤退した時期もあったものの、2017年に日本に再参入。
1000倍のレバレッジ、取引銘柄・取扱商品が豊富、完全NDDとスペックは高い。

■メリット
100%入金ボーナス・キャッシュバックあり
複数金融ライセンスを取得
最大レバレッジ1,000倍
NDD STP方式を採用
MT4で自動売買も可能
口座資金は500万ユーロまで保証
日本語サポートあり

■デメリット
口座通貨は米ドル・ユーロのみ
日本語サポートの営業時間が短い
公式サイトの日本語が不完全

■HotForexの評判や評価は抜群に高い
日本ではXMなどに比べて知名度が低いHotForexだが、逆に海外では知名度が高くさらに評価・評判も高い点数をもらっている。
海外FX業者の評判、口コミサイトの最大手FPAではスコア3.8となっていて、XMの3.2よりもさらに上をいく結果となっている。

・出金依頼から出金スピードが早い
・スプレッドがに狭い
・サポートがしっかりしている
・サーバがしっかりしていて快適
といった感想が目立った。

・金融ライセンスは3つ所持

ホットフォレックスは1社ではなく、各国の事情に合わせて複数社となっている。
HotForexはHF Markets(Europe)Ltd・HF Markets(SV) Ltd・HF Markets SA(PTY) Ltdの3社があり、
本体は「HF Marketsグループ」という。

3社はそれぞれヨーロッパ圏、アジア圏(東南アジア含)、南アフリカ圏で
ライセンスを分けて所持している。

・HF Markets(Europe)→Ltdキプロス証券取引委員会(CySEC)
ヨーロッパ圏の顧客はキプロスライセンスの管理下

・HF Markets(SV) Ltd→セントビンセント・グラナディーン金融庁(FSA)
アジア圏の顧客はセントビンセントライセンスの管理下

・HF Markets SA(PTY) Ltd→南アフリカ金融サービス委員会
南アフリカ圏の顧客は南アフリカ金融サービス委員会の管理下

日本人はアジア圏の顧客に分類されるので、セントビンセントライセンスの管理下となる。

・スキャルピング、両建ての制限なし
ホットフォレックスはNDD方式採用のため、スキャルピング、EA、システムトレード、両建て
における取引制限が全くない。

DD業者の可能性がある(GEMFOREX、LANDFX)ではスキャルを行うにも、制限事項を確認しながら慎重にしなければいけないが、
NDDのHotForexはスキャルピングを行っても口座凍結になる恐れがない。

・レバレッジは最大1000倍
HotForexのプレミアム口座とZERO口座のレバレッジは500倍で、ロスカット水準は20%、
マイクロ口座のみレバレッジが1,000倍、ロスカット水準が10%となっている。
1000倍はマイクロ口座のみだが、500倍でも十分なメリットはあるだろう。

・日本語サポートは日本人対応
日本語サポートは平日15時~23時の間は、メール、チャットで日本語対応が可能。
ネイティブ日本人スタッフが在籍しているので、英語ができなくても安心だ。

・取り扱い通貨ペア、CFD銘柄は豊富
取り扱い通貨ペアは50通貨ペアでメジャー通貨ペアだけでなくマイナー通貨ペアも取引できる。
CFD取引ではビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、DASHなど90銘柄の取引が可能。

デメリット

・ドル口座かユーロ口座のみ(円口座未対応)
JPY(円)建て口座に未対応で、取引口座の基軸通貨はドル建て口座か、ユーロ建て口座のどちらかになる。
ちなみに日本人はほぼすべてドル建てを選択して言うr。

国内業者で、円建てで慣れていた人にとっては、少し慣れるまで時間がかかるかもしれない。

また円に両替する際、為替相場の影響を受けてしまう。
入金時よりも出金時に円安の場合は利益
入金時よりも出金時に円高の場合は損失

■まとめ
日本国内再参入にあたっては、XMをベンチマークしたらしく、
ところどころでその形跡が見られる。

弱点ともいえるのが、ウェブやツールの日本語が自然ではなく
翻訳機を使ったような不自然な言い回しが随所にみられることだ。

それ以外では、スプレッドも狭いので、「XMでスプレッドが広いのが悩み」
と考えている人にとっては、乗りかえるとその悩みから解消されるかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました