is6comの評判口コミについて

海外FX

呼び方は「アイエスシックスコム」。
セーシェルに本拠地を構える「is6com」は、2016年に設立された新興の海外FX業者だ。

最大で3万円にもなる新規口座開設ボーナスや、定期的におこなわれる100%~200%入金ボーナスといったキャンペーンと、最大レバレッジ1000倍・低スプレッド武器に、多くの顧客を獲得している。このis6comをレビューしてみた。


まずはデメリットとメリットから。
■デメリット
金融ライセンスなし
DD方式の可能性も
通貨ペアが少ない(33種類)
プロ口座はEAが利用できない
取引ツールはMT4のみ
スワップが少ない
ロスカット率が50%と国内業者レベル
出金手数料が割高

■メリット
完全日本語対応なので、英語ができなくてもOK
最大レバレッジ1,000倍
スプレッドが業界でも屈指の低さ
EAの利用・スキャルピングに制限なし
ボーナスキャンペーンが豊富

■口コミと評判

ボーナスだけで増やすことも可能

10万円チャレンジの様子

■金融ライセンスなし
まず金融ライセンスを現時点では、いずれの国でも取得しておらず無許可状態となっている。
ライセンスがないわけだから、監査を受けたり規制が入ったり、といったことがない。顧客資金管理や万が一の補填なども具体的な記載がない。
ただ、現状出金拒否騒ぎなどトラブルは起きていないことから、真っ当な運営はされていると推測できる。

■NDDと謳っているが、DD方式の可能性も
is6comは、公式web上ではNDD(ノーディーリングデスク)方式と書かれているが、これは実際にはどうか不透明な部分がある。
・状況により約定しないケース
・大ロット(10lot以上)でエントリーを行う場合は、サポートに連絡を入れる必要がある。
上記の状況は、NDD方式を採用しているのであれば、考えづらい。

*約定しづらい、約定スピードが遅いケース
普段のトレードであれば、特に問題なく普通に取引できるが、相場の乱高下が激しいとき、指標発表後などは、注文が滑ったり、タイムラグが発生することもある。

10lot以上の大きなロットになると、約定率が変わってくるとの報告もある。
大きいロットでトレードをおこなったり、秒スキャルピングを行うには気を付けたほうがいい。

■取引通貨ペア数が少ない

トレードできるのはFX通貨ペア33種類のみと少なく物足りなさを感じる。
他社のように商品CFDや株式インデックス、エキゾチック通貨は取引できない。

メリット
ボーナスキャンペーンが豪華
is6comのボーナス、キャンペーンは非常に豊富で豪華だ。
例えば、口座開設ボーナスは最大で30,000円という太っ腹。
業界トップクラスのボーナスを誇るGemforexですら20,000円、人気no1のXMだと3,000円というのを見ても、is6comの魅力が分かる。
これは、未入金でもトレードすることができる。リアルトレードで得た利益分は出金可能だ。

■最大レバレッジが1000倍
is6comは最大レバレッジ1,000倍。国内だと25倍限度、他の海外業者が500倍平均、XMでも888倍となるので、レバレッジ水準は極めて高い。
追証なしのゼロカットシステムを採用しているので、借金におびえる必要もない。

■ロスカット水準は50%
ロスカット水準は50%で、若干高めの設定なので想定外のロスカットには気を付けよう。
評価損の大きいポジションから順番に自動ロスカットを行っていく。

■口座タイプは3種類
is6comは「マイクロ口座・スタンダード口座・プロ口座」の3種類がある。

マイクロ口座
初心者用の口座。
最大レバ1000倍、最低入金額5000円~、50通貨~取引できる。
ドル円平均スプレッド2.0pipsと広めの設定。
ボーナスキャンペーン非対応の場合が多いので、利用価値は少ない。

スタンダード口座
最大レバ1000倍、最低入金額5000円、1000通貨~取引できる。
ドル円平均スプレッド1.6pips。
ボーナスキャンペーン対象口座。

プロ口座
スプレッドが最も狭く上級者向け・スキャルピング向けの口座。
最大レバ400倍、最低入金額10,000円、1000通貨~取引できる。
ドル円平均スプレッド0.8pipsとかなり狭い。
ボーナスキャンペーン非対応。

ボーナスがもらえて、レバレッジが1000倍のスタンダード口座が圧倒的におすすめできる。

■入金方法
クレジットカード(visa,JCB,MasterCard)海外銀行送金、bitwallet
海外FXの入金方法
■出金方法
銀行送金、bitwallet

海外FXの出金方法について

■is6comのまとめ
ライセンス未所持という点が引っ掛かるが、スペックは抜群にいいので、利用する日本人トレーダーが急上昇している。
ライセンスについては、申請中とのことだが、今後どうなるかは分からない。
大きな出金拒否騒ぎなどがないことから、詐欺ブローカーではなく、真面目な運営を行っているものと推測されるが、メイン口座として全額を入れるのはやはり危険だと言わざるを得ない。
逆にサブ口座として、ハイレバに挑戦したり、積極的な運用をしてみたいのであれば、口座開設をしても損はないだろう。
ライセンス取得後は、ゲムフォレックスと同様、海外ブローカーの中では最注目を浴びることは間違いない。

■is6comの詳細まとめ
正式名称
is6com.Co.,Ltd
所在国
セーシェル
資本金
$20,000,000
所在地
Second Floor, The Quadrant, Manglier Street Victoria, Mahe, Seychelles
金融ライセンス
未取得
事業開始年
2016年12月12日
顧客資金の管理
分別管理(真偽不明)
公式サイト日本語化
完全日本語化
サポート体制
日本語サポートあり。メール・LINE
日本語でのメール問い合わせ
support@is6.com
電話番号
+6329462454

タイトルとURLをコピーしました