海外FX業者の金融ライセンス事情

海外FX

海外FXの口座開設をするにあたり、その業者が信頼できるかどうかをみるのに、参考になるのが「金融ライセンスを取得しているかどうか」があげられる。

ライセンス不所持の状態で営業をおこなっている会社もある中で、ライセンスを所持しているということは、一定の基準を満たしている業者だということがいえ、最低ラインの信頼性はあると考えていいだろう。

ただし、この金融ライセンスもすべてが同じというわけではなく、登録の難易度や監視体制の厳しさでは千差万別だといえる。

ここでは海外FX業者のライセンスについて「どこのライセンスが良くて、どこのライセンスが微妙なのか」といったところまで解説する。

金融ライセンスとは

金融業務を行うにあたり、金融監督機関への登録申請を行い、認可されて営業許可をもらうことを金融ライセンスという。日本だと、金融庁(FSA)が金融監督機関に当たる。

申請すればどんな会社でも認可できるわけではなく、一定の基準をクリアする必要がある。

・十分な資金力、財務力があるか?
・リスクマネジメントなど管理体制は十分か?
・分別管理、信託保全はあるか?
・顧客へのリスクに対する説明を行っているか?
・顧客情報を記録保持し、厳密に管理しているか?

これらの基準をクリアしてはじめて、ライセンシーとなる。

金融ライセンスを所持していることは、その国からの、安全性があることを金融監督機関にお墨付きをもらえたということで、その会社のリスクにおける安心が担保されることになる。

ただし、ライセンスといっても、国によって取得難易度というのが変わってくる。簡単に取得できるところから、極めて難しいところまで様々だ。

取得が難しいライセンスの方が信頼性は高い

国によって、取得がしやすいもの、審査が厳格で難しいものがある。特に厳格だといわれているのが下記の5つの金融規制当局が発行したライセンスになる。

1,FCA英国金融行為監督機構
2,CySECキプロス証券取引委員会
3,IFSCベリーズ国際金融委員会
4,FSPニュージーランド
5,ASICオーストラリア証券投資委員会

上記5つのライセンスは特に厳しいので、これらのいずれかのライセンスを所持しているのであれば、特に信頼度が高いといってもいいだろう。

1,FCA英国金融行為監督機構とは

金融行動監視機構(FCA:Financial Conduct Authority)はイギリスイングランド中央銀行のBOEが2012年に設立した。FCA管理下にある会社は、入出金が自動処理されるシステムが構築されているため、不正ができないようになっている。そのため、出金拒否といったトラブルも皆無だ。世界トップクラスの安全性と信頼度を誇っている。

Traders Trust、LANDFX、FxNet、XM、HOTFOREX

2,CySECキプロス証券委員会とは

CySECキプロス証券委員会は、ライセンスに対して厳しい基準を設けている。
CySECライセンスを取得する場合、「ICF」といわれる補償機関に入らなくてはいけない。
ICFは常にプール資産を保持しており、顧客の資産に不利益があった場合に、返金保証される。
その金額は最大で20.000ユーロまでの補償となる。

FXGLOBE、Fxnet、FxPro、iFOREX、TradersTrust

3,IFSCベリーズ国際金融委員会とは

IFSCベリーズ国際金融委員会も、ライセンス取得はかなり難しい。
トレーダーの10%の資金が保証金基金にあてられ、本体と分離された銀行で保管される。
トラブルがあったとしても、上限金額の20.000USDまでが補償される仕組みだ。

Axiory

4,ニュージーランドFSPライセンスとは

ニュージーランドライセンスFSP(Financial Service Provider)はFCA英国ライセンスに比べると、登録はしやすい。トレーダー資金の分別管理はしっかりとされているものの、信託保全はない。

かつては、それほど評価が高くなかったものの、2015年の10月頃に、今までの方針を改めて規制強化を行った。その結果155もの登録業者のライセンスをはく奪する事態となった。
それ以降、登録に対しての難易度もあがったといわれている。
現在登録できている業者は、それなりのレベルは保っているといえるだろう。

FSPライセンスに登録している海外FXブローカー
LANDFX、TitanFX、Gemforex
イギリスFCA、キプロスCySecよりもFSPニュージーランドライセンス登録の方が基準がやや緩いため、FSPに登録しているのは新興会社が多い。
(LANDFX:2013年創立、TitanFX:2015年創立、Gemforex:2019年ライセンス取得)

5,ASICオーストラリア証券投資委員会

日本国内ではそれほどメジャーではないものの、不正防止に関する厳しい規定がとられている。
登録会社:Fortrade IFCmarkets、AVATRADE、

各業者のライセンス事情について

続いて大手有名業者のライセンス事情。

XM:セーシェル金融庁(FSA)、キプロス証券取引委員会(CySEC)、MiFID(欧州金融商品市場令)、英国金融行為監督機構(FCA)
LAND-FX:英国金融行為監督機構(FCA)、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)
Gemforex:ニュージーランド(FSP)
AXIORY:ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)
FxPro:キプロス証券取引委員会(CySEC)、英国金融行為監督機構(FCA)、ドバイ金融サービス機構(DFSA)、バハマ証券委員会(SCB)
TitanFX:ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)
HotForex:キプロス証券取引委員会(CySEC)、セントビンセント・グラナディーン金融庁、南アフリカ金融サービス委員会
FBS:ベリーズ(IFSC)、キプロス(CySEC)
iForex:英領ヴァージン諸島(BVI)、ハンガリー
Tradeview:ケイマン諸島(CIMA)

こうやってみると、実に多くのライセンスがあることが分かる。それぞれ、本社も違う国であったり、どこの地域で重点的に展開しているか、など会社ごとの事情や、創業の経緯も異なるために、ライセンスの取得も1つであったり、複数であったりと様々だ。

XMの金融ライセンス詳細

XM「Trading Point Of Financial Instruments」は、欧州10ヶ国で、MiFID(欧州金融商品市場令)に準拠した金融業者登録しており、キプロス証券取引委員会(CySec)とセーシェル金融庁から金融ライセンスを取得している。

・キプロス証券取引委員会(CySEC)
キプロス証券取引委員会の金融ライセンスを取得している業者は、ICF(投資家補償基金)への加盟が義務付けられているため、XMも当然加盟している。
加盟しているFX業者に預託している投資家の資金・資産は、最大2万ユーロまでICFによって補償される(2万ユーロまでの信託保全)。

ライセンス番号:120/10
ライセンス取得日:2010年8月5日
業者登録番号:251334

・セーシェル金融庁
ライセンス番号:SD010
ライセンス取得日:2016年2月8日

XMの口コミと評判について
XMtrading(エックスエムトレーディング)は、海外FXの代名詞ともいえる存在だろう。日本人トレーダーの間では、知名度、人気、ともに証券会社業界トップともいえる地位を築いてきた。それだけトレーダーの評価が高いということは、XM社自...

Gemforexの金融ライセンス詳細

ノーライセンスだったゲムフォレックスも2019年にニュージーランドにて取得してから一気に評価が高まった。

ライセンス番号:FSP564306 ライセンス取得日:201696月

Gemforexの口コミと評判について
GEMFOREXは今一番勢いのあるブローカーといってもいいだろう。今までは、スペック自体は高かったものの、金融ライセンスを取得していない、ということで、二の足を踏んでいた人も多かったが、2019年6月に満を持して、「ニュージーランドNS...

LandFxの金融ライセンス詳細

・英国 金融行為監督機構(FCA)から取得
FCAライセンス保有業者の口座に預託されている投資家の資金は、FSCS(金融サービス補償機構)によって最大5万ポンド(約650万円)まで補償される。

ライセンス番号:709866
ライセンス取得日:2016年6月7日

・ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)から取得
ライセンス番号:FSP264385 ライセンス取得日:2013年3月17日

landfxの評判と口コミ
LAND-FXは、ニュージーランドを拠点とする海外FX業者だ。ニュージーランドをメインにアメリカ・イギリス・中国・ロシアなど計13カ国でグローバルに展開している。海外ブローカーの中でもボーナスが充実していることに加えて、低スプレッドと非常に...

HotForexの金融ライセンス詳細

HF Marketsグループのブランドとして営業しており、キプロスなどの金融ライセンスを取得している。

キプロス証券取引委員会(CySEC):企業登録No.277582 / ライセンスNo.183//12
セントビンセント・グラナディーン金融庁:企業登録No.22747 / ライセンスNo.2015
南アフリカ金融サービス委員会:金融サービス業登録no.46632

HOTFOREXの口コミと評価
「HotForexは2010年の設立以来、日本でもたくさんのトレーダーが利用している大手FX業者だ。金融ライセンスの関係で、2013年に一時日本から撤退した時期もあったものの、2017年に日本に再参入。1000倍のレバレッジ、取引銘柄・取...

FxPro(FXプロ)の金融ライセンス詳細

FxProは、キプロス証券取引委員会(CySec)と英国の金融行為監督機構(FCA)から金融ライセンスを取得している。

・キプロス証券取引委員会(CySEC)から取得している金融ライセンス
ライセンス番号:078/07
ライセンス取得日:2007年3月5日
業者登録番号:181344

・英国 金融行為監督機構(FCA)にて取得
FXPRO UK LimitedはFCAからライセンス取得
(登録番号:509956 登録年月日:2010年8月18日)、
FXPRO Financial Services LTD.はMiFID(欧州金融商品市場令)に準拠。
(登録番号:477418 登録年月日:2008年1月8日)。

TitanFXの金融ライセンス詳細

ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)にて取得。信託保全も導入しており、資金は、ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)の信託口座で管理されている。

ライセンス番号:FSP388647 ライセンス取得日:2014年7月22日

TITANFX(タイタンFX)の口コミと評判について
TitanFX(タイタンFX)は、2014年に創業された海外業者。2013年に低スプレッドと高約定力で日本人トレーダーから支持されていたオーストラリアFXブローカーPepperStone社の役員陣が新しく日本人向けに設立した会社だ。ペッパ...

AXIORYの金融ライセンス詳細

ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)の金融ライセンスを取得済み。
ライセンス番号:IFSC/60/255/TS/14 ライセンス取得日:2013年12月27日

Axioryの口コミと評判
Axioryは2013年に営業を開始した海外FXブローカー。ボーナスキャンペーンを行っていないため、目立った存在ではないが、取引環境のスペックの高さで多くのトレーダーからの人気を博してきた。MT4が主流の中、それ以外にもctraderのい...

分別管理・信託保全とライセンスとの関連性

分別管理とは、「顧客から預った資金」と「FX業者の運営資金」を別々の銀行口座で管理を行い、顧客の資産をFX業者の運営資金として使わない資産管理法のことをいう。

信託保全とは、「顧客から預った資金」と「FX業者の経営資金」を別々の銀行口座で管理し、「顧客から預った資金」を信託法人などに管理させて、FX業者の運営資金として使えなくするという資産管理法だ。

難易度の高いライセンスを取得している会社は、信託保全はしっかりと導入している。
国内FX業者の場合は、金融庁の規制にとって信託保全が必須となっているが、海外FX業者の場合には、信託保全は基本的に任意となっている。

海外FXの信託保全と分別管理とは
海外FX業者では信託保全や分別管理といった資金管理をおこなっているところと、実施していない会社が存在する。ここでは、海外ブローカーの資金管理として信託保全と分別管理についてまとめた。

FX業者 分別管理 信託保全
XM 〇 〇
AXIORY 〇 〇
MYFXMarkets〇 〇
HotForex 〇 〇
TitanFX 〇 なし

iFOREX 〇 なし
GEMFOREX 〇 なし

FBS 〇 なし
XLNTrade 〇 なし
is6com 〇 なし

そんな中、ちゃんと信託保全を導入しているXM、AXIORY、HotForex、MYFXMarketsらの会社は顧客重視の信頼のおける業者だといえるだろう。

世界の金融規制当局一覧

アイルランドアイルランド中央銀国CBI
アメリカ米国商品先物取引委員会CFTC
アメリカ金融業規制当局FINRA
アメリカ米国先物協会NFA
アメリカ証券取引委員会SEC
アメリカ証券投資家保護公社SIPC
アメリカ連邦預金保険公社FDIC
アメリカ外国口座税務コンプライアンス法FATCA
UAEドバイ金融サービス機構DFSA
UAEUAE中央銀行U.A.E
UAEエミレーツ証券コモディティ局SCA
アルゼンチン証券市場国家委員会CNV
イギリス金融行動監視機構FCA
イスラエルイスラエル証券庁ISA
イタリアCONSOBCONSOB
イタリアイタリア銀行BI
インドインド証券取引委員会SEBI
インド中央保管サービス所株式会社CDSL
インド国営証券保管所NSDL
インドネシア商品先物取引規制庁CoFTRA
ウクライナ国家証券と株式市場委員会NSSMC
ウクライナOTC金融商品技術開発ウクライナセンターUCRFIN
エジプトエジプト金融監督庁EFSA
エストニア金融監督庁FSAEE
エストニア経済通信省MKM
オランダ金融市場局AFM
オーストラリアオーストラリア証券投資委員会ASIC
オーストラリアオーストラリア規制諮問機関APRA
オーストラリアオーストラリア取引調査分析センターAUSTRAC
オーストリア金融市場局FMA
カタールカタール中央銀行QCB
カナダカナダ投資業規制機構IIROC
カナダCIPF(カナダ投資保護基金)CIPF
キプロスキプロス証券取引委員会CySEC
ギリシャ資本市場委員会CMC
クウェートクウェート商工会議所KCCI
クロアチアクロアチア金融サービス監督機関HANFA
グルジアジョージア国立銀行NBG
ケイマン諸島ケイマン諸島金融庁CIMA
ケニアケニア資本市場局CMA
サウジアラビア資本市場当局CMA
シンガポールシンガポール金融管理庁MAS
ジブラルタル金融サービス委員会FSC
ジャマイカ金融サービス委員会FSC
スイス金融市場監督庁FINMA
スウェーデン金融監督庁FSA
スペインスペイン証券市場委員会CNMV
スリランカケイマン諸島金融庁CBSL
スリランカスリランカ証券取引所委員会SEC
セントビンセント・グレナディーン金融サービス庁FSA
セントビンセント・グレナディーンセントビンセントグレナディーン商務知的財産権庁CIPO (VC)
セーシェル金融サービス庁FSA(SC)
タイ王国サイアム商業銀行株式会社SCB
タイ王国タイ銀行BOT
チェコチェコ国立銀行CNB
デンマーク金融監督庁DFSA
トルコトルコ資本市場委員会CMB [SPK]
ドイツ連邦金融監督庁BaFin
ニュージーランド金融サービスプロバイダレジスターFSPR
ニュージーランドニュージーランド証券取引所NZX
ニュージーランド金融トラブル解決サービスFDRS
ノルウェーノルウェー金融監督局NFSA
ハンガリーハンガリー金融監督庁HFSA
ハンガリーハンガリー中央銀行CBH
バヌアツバヌアツ金融サービス委員会VFSC
バハマSCB – バハマ証券委員会SCB
バハマバハマ証券委員会SCB (BS)
バーレーンバーレーン中央銀行CBB
パキスタンパキスタン証券為替委員会SEC
パナマ証券監督SMV
フィリピン菲律賓證券交易委員會SEC
フィンランド金融監督庁FINFSA
フランス金融市場局AMF
フランス信用機関投資会社委員会CECEI
フランス金融企業登録庁REGAFI
フランスプルデンシャル統制決議ACPR
ブラジルブラジル証券委員会CVM
ブルガリアブルガリア国立銀行BNB
ベリーズ国際金融サービス委員会IFSC
ベルギー金融サービス市場局FSMA
ボツワナNBFIRANBFIRA
ポルトガルポルトガル証券市場委員会CMVM
ポーランドポーランド金融監督庁PFSA
マルタマルタ金融庁MFSA
メキシコ国家銀行証券委員会CNBV
モロッコモロッコ金融市場局CDVM
モーリシャス金融サービス委員会FSC
ヨルダンヨルダン証券委員会JSC
ラトビア金融資本市場委員会FCMC
リトアニアリトアニア証券委員会LSC
ルクセンブルグルクセンブルク金融監督委員会CSSF
ルーマニアルーマニア国家証券委員会CNVMR
レバノンレバノン中央銀行BDL
レバノンアラブ連邦交換所AFE
ロシア証券市場連邦委員会FCSM
ロシアロシア自主規制機関CRFIN
ロシアロシア証券市場参加者国民連合Naufor
ロシア金融市場関係規制センターCROFR
ロシアロシア中央銀行CBR
ロシアロシア銀行協会ARB
ロシアロシア地方銀行協会ASROS
ロシア金融市場規制関係センターCROFR (ЦРОФР)
ロシアフィナンシャルマーケットセンターFMRRC
中国中国証券監督管理委員会CSRC
中国金融監督委員会FSCEY
南アフリカ金融行動監視機構FSCA
日本日本証券業協会JSDA
日本金融庁FSA
英領バージン諸島金融サービス委員会FSC
韓国韓国先物取引所KRX
香港証券先物委員会SFC
香港金融委員会FinCom
タイトルとURLをコピーしました