海外FX業者の金融ライセンス事情

海外FX

口座開設をするにあたり、その業者が信頼できるかどうかをみるのに、参考になるのが「ライセンスを取得しているかどうか」があげられる。

ライセンス不所持の状態で営業をおこなっている会社もある中で、ライセンスを所持しているということは、一定の基準を満たしている業者だということがいえ、最低ラインの信頼性はあると考えていいだろう。

ただし、このライセンスもすべてが同じというわけではなく、登録の難易度や監視体制の厳しさでは千差万別だといえる。

ここでは海外FX業者のライセンスについて「どこのライセンスが良くて、どこのライセンスが微妙なのか」といったところまで解説する。

金融ライセンスとは

金融業務を行うにあたり、金融監督機関への登録申請を行い、認可されて営業許可をもらうことを金融ライセンスという。日本だと、金融庁(FSA)が金融監督機関に当たる。

申請すればどんな会社でも認可できるわけではなく、一定の基準をクリアする必要がある。

・十分な資金力、財務力があるか?
・リスクマネジメントなど管理体制は十分か?
・分別管理、信託保全はあるか?
・顧客へのリスクに対する説明を行っているか?
・顧客情報を記録保持し、厳密に管理しているか?

これらの基準をクリアしてはじめて、ライセンシーとなる。

金融ライセンスを所持していることは、その国からの、安全性があることを金融監督機関にお墨付きをもらえたということで、その会社のリスクにおける安心が担保されることになる。

ただし、ライセンスといっても、国によって取得難易度というのが変わってくる。簡単に取得できるところから、極めて難しいところまで様々だ。

取得が難しいライセンスの方が信頼性は高い

国によって、取得がしやすいもの、審査が厳格で難しいものがある。

特に厳格だといわれているのが下記の5つのライセンスになる。

1,FCA英国金融行為監督機構
2,CySECキプロス証券取引委員会
3,IFSCベリーズ国際金融委員会
4,FSPニュージーランド
5,ASICオーストラリア証券投資委員会

上記5つのライセンスは特に厳しいので、これらのいずれかのライセンスを所持しているのであれば、特に信頼度が高いといってもいいだろう。

1,FCA英国金融行為監督機構とは
金融行動監視機構(FCA:Financial Conduct Authority)はイギリスイングランド中央銀行のBOEが2012年に設立した。FCA管理下にある会社は、入出金が自動処理されるシステムが構築されているため、不正ができないようになっている。
そのため、出金拒否といったトラブルも皆無だ。
世界トップクラスの安全性と信頼度を誇っている。

2,CySECキプロス証券委員会とは
CySECキプロス証券委員会は、ライセンスに対して厳しい基準を設けている。
CySECライセンスを取得する場合、「ICF」といわれる補償機関に入らなくてはいけない。
ICFは常にプール資産を保持しており、顧客の資産に不利益があった場合に、返金保証される。
その金額は最大で20.000ユーロまでの補償となる。

3,IFSCベリーズ国際金融委員会とは
IFSCベリーズ国際金融委員会も、ライセンス取得はかなり難しい。
トレーダーの10%の資金が保証金基金にあてられ、本体と分離された銀行で保管される。
トラブルがあったとしても、上限金額の20.000USDまでが補償される仕組みだ。

4,ニュージーランドFSPライセンスとは
ニュージーランドライセンスFSP(Financial Service Provider)はFCA英国ライセンスに比べると、登録はしやすい。
トレーダー資金の分別管理はしっかりとされているものの、信託保全はない。

かつては、それほど評価が高くなかったものの、2015年の10月頃に、今までの方針を改めて規制強化を行った。その結果155もの登録業者のライセンスをはく奪する事態となった。
それ以降、登録に対しての難易度もあがったといわれている。
現在登録できている業者は、それなりのレベルは保っているといえるだろう。

FSPライセンスに登録している海外FXブローカー
LANDFX
TitanFX
Gemforex
イギリスFCA、キプロスCySecよりもFSPニュージーランドライセンス登録の方が基準がやや緩いため、FSPに登録しているのは新興会社が多いです。
(LANDFX:2013年創立、TitanFX:2015年創立、Gemforex:2019年ライセンス取得)

5,ASICオーストラリア証券投資委員会
日本国内ではそれほどメジャーではないものの、不正防止に関する厳しい規定がとられている。
登録会社:Fortrade IFCmarkets

各業者のライセンス事情について

続いて大手有名業者のライセンス事情。

XM:セーシェル金融庁(FSA)、キプロス証券取引委員会(CySEC)、MiFID(欧州金融商品市場令)、英国金融行為監督機構(FCA)
LAND-FX:英国金融行為監督機構(FCA)、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)
Gemforex:ニュージーランド(FSP)
AXIORY:ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)
FxPro:キプロス証券取引委員会(CySEC)、英国金融行為監督機構(FCA)、ドバイ金融サービス機構(DFSA)、バハマ証券委員会(SCB)
TitanFX:ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)
HotForex:キプロス証券取引委員会(CySEC)、セントビンセント・グラナディーン金融庁、南アフリカ金融サービス委員会
FBS:ベリーズ(IFSC)、キプロス(CySEC)
iForex:英領ヴァージン諸島(BVI)、ハンガリー
Tradeview:ケイマン諸島(CIMA)

こうやってみると、実に多くのライセンスがあることが分かる。
それぞれ、本社も違う国であったり、どこの地域で重点的に展開しているか、など会社ごとの事情
や、創業の経緯も異なるために、ライセンスの取得も1つであったり、複数であったりと様々だ。

■XMの金融ライセンス詳細

XM「Trading Point Of Financial Instruments」は、欧州10ヶ国で、MiFID(欧州金融商品市場令)に準拠した金融業者登録しており、キプロス証券取引委員会(CySec)とセーシェル金融庁から金融ライセンスを取得している。

・キプロス証券取引委員会(CySEC)
キプロス証券取引委員会の金融ライセンスを取得している業者は、ICF(投資家補償基金)への加盟が義務付けられているため、XMも当然加盟している。
加盟しているFX業者に預託している投資家の資金・資産は、最大2万ユーロまでICFによって補償される(2万ユーロまでの信託保全)。

ライセンス番号:120/10
ライセンス取得日:2010年8月5日
業者登録番号:251334

・セーシェル金融庁
ライセンス番号:SD010
ライセンス取得日:2016年2月8日

■Gemforexの金融ライセンス詳細

ニュージーランドにて取得

ライセンス番号:FSP564306
ライセンス取得日:201696月

■LandFxの金融ライセンス詳細

・英国 金融行為監督機構(FCA)から取得
FCAライセンス保有業者の口座に預託されている投資家の資金は、FSCS(金融サービス補償機構)によって最大5万ポンド(約650万円)まで補償される。

ライセンス番号:709866
ライセンス取得日:2016年6月7日

・ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)から取得
ライセンス番号:FSP264385
ライセンス取得日:2013年3月17日

■HotForexの金融ライセンス詳細

HF Marketsグループのブランドとして営業しており、キプロスなどの金融ライセンスを取得している。

キプロス証券取引委員会(CySEC):企業登録No.277582 / ライセンスNo.183//12
セントビンセント・グラナディーン金融庁:企業登録No.22747 / ライセンスNo.2015
南アフリカ金融サービス委員会:金融サービス業登録no.46632

■FxPro(FXプロ)の金融ライセンス詳細

FxProは、キプロス証券取引委員会(CySec)と英国の金融行為監督機構(FCA)から金融ライセンスを取得している。

・キプロス証券取引委員会(CySEC)から取得している金融ライセンス
ライセンス番号:078/07
ライセンス取得日:2007年3月5日
業者登録番号:181344

・英国 金融行為監督機構(FCA)にて取得
FXPRO UK LimitedはFCAからライセンス取得
(登録番号:509956 登録年月日:2010年8月18日)、
FXPRO Financial Services LTD.はMiFID(欧州金融商品市場令)に準拠。
(登録番号:477418 登録年月日:2008年1月8日)。

■TitanFXの金融ライセンス詳細

ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)にて取得。
信託保全も導入しており、資金は、ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)の信託口座で管理されている。

ライセンス番号:FSP388647
ライセンス取得日:2014年7月22日

■AXIORYの金融ライセンス詳細

ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)の金融ライセンスを取得済み。
ライセンス番号:IFSC/60/255/TS/14
ライセンス取得日:2013年12月27日

分別管理・信託保全とライセンスとの関連性

分別管理とは、「顧客から預った資金」と「FX業者の運営資金」を別々の銀行口座で管理を行い、顧客の資産をFX業者の運営資金として使わない資産管理法のことをいう。

信託保全とは、「顧客から預った資金」と「FX業者の経営資金」を別々の銀行口座で管理し、「顧客から預った資金」を信託法人などに管理させて、FX業者の運営資金として使えなくするという資産管理法だ。

難易度の高いライセンスを取得している会社は、信託保全はしっかりと導入している。
国内FX業者の場合は、金融庁の規制にとって信託保全が必須となっているが、
海外FX業者の場合には、信託保全は基本的に任意となっている。

FX業者 分別管理 信託保全
XM 〇 〇
AXIORY 〇 〇
MYFXMarkets〇 〇
HotForex 〇 〇
TitanFX 〇 なし

iFOREX 〇 なし
GEMFOREX 〇 なし

FBS 〇 なし
XLNTrade 〇 なし
is6com 〇 なし

そんな中、ちゃんと信託保全を導入しているXM、AXIORY、HotForex、MYFXMarketsらの会社は
顧客重視の信頼のおける業者だといえるだろう。

タイトルとURLをコピーしました