海外FX業者のライセンス事情

海外FX

口座開設をするにあたり、その業者が信頼できるかどうかをみるのに、参考になるのが「ライセンスを取得しているかどうか」があげられる。

ライセンス不所持の状態で営業をおこなっている会社もある中で、ライセンスを所持しているということは、一定の基準を満たしている業者だということが
いえ、最低ラインの信頼性はあると考えていいでしょう。

ただし、このライセンスもすべてが同じというわけではなく、登録の難易度や監視体制の厳しさでは千差万別だといえます。

ここでは海外FX業者のライセンスについて「どこのライセンスが良くて、どこのライセンスが微妙なのか」といったところまで解説します。

FX会社も大手から最近設立された新興会社まで千差万別です。

特に海外業者はその差が顕著だといわれています。

FX会社の安全性、信頼性を計る方法のひとつとして、「金融ライセンスを取得しているかどうか」があります。

取得が難しいライセンスの方が信頼性は高い

国によって、取得がしやすいもの、審査が厳格で難しいものがあります。

特に厳格だといわれているのがこの5つのライセンスです。

1,FCA英国金融行為監督機構
2,CySECキプロス証券取引委員会
3,IFSCベリーズ国際金融委員会
4,FSPニュージーランド
5,ASICオーストラリア証券投資委員会

上記5つのライセンスは特に厳しいので、これらのいずれかのライセンスを所持しているのであれば、特に信頼度が高いといってもいいでしょう。

1,FCA英国金融行為監督機構とは
金融行動監視機構(FCA:Financial Conduct Authority)は
イギリスイングランド中央銀行のBOEが2012年に設立しました。
FCA管理下にある会社は、入出金が自動処理されるシステムが構築されているため、
不正ができないようになっています。
そのため、出金拒否といったトラブルもありません。
世界トップクラスの安全性と信頼度を誇ります。

2,CySECキプロス証券委員会とは
CySECキプロス証券委員会は、ライセンスに対して厳しい基準を設けています。
CySECライセンスを取得する場合、「ICF」といわれる補償機関に入らなくてはいけません。
ICFは常にプール資産を保持しており、顧客の資産に不利益があった場合に、返金保証されます。
その金額は最大で20.000ユーロまでの補償となります。

3,IFSCベリーズ国際金融委員会とは
IFSCベリーズ国際金融委員会も、ライセンス取得は難しいです。
トレーダーの10%の資金が保証金基金にあてられ、本体と分離された銀行で保管されます。
トラブルがあったとしても、上限金額の20.000USDまでが補償されます。

4,ニュージーランドFSPライセンスとは
ニュージーランドライセンスFSP(Financial Service Provider)はFCA英国ライセンスに比べると、登録はしやすいです。
トレーダー資金の分別管理はしっかりとされているものの、信託保全はありません。

かつては、それほど評価が高くありませんでしたが、2015年の10月頃に、今までの方針を改めて規制を強化しました。その結果155もの登録業者のライセンスをはく奪しました。
それ以降、登録に対しての難易度もあがったといわれています。
現在登録できている業者は、それなりのレベルは保っているといえるでしょう。

FSPライセンスに登録している海外FXブローカー
LANDFX
TitanFX
イギリスFCA、キプロスCySecよりもFSPニュージーランドライセンス登録の方が基準がやや緩いため、FSPに登録しているのは新興会社が多いです。
(LANDFX:2013年創立、TitanFX:2015年創立)

5,ASICオーストラリア証券投資委員会
日本国内ではそれほどメジャーではないものの、不正防止に関する厳しい規定がとられています。
Fortrade IFCmarkets

各業者のライセンス事情について

大手有名業者のライセンス事情です。

XM:セーシェル金融庁(FSA)、キプロス証券取引委員会(CySEC)、MiFID(欧州金融商品市場令)、英国金融行為監督機構(FCA)
LAND-FX:英国金融行為監督機構(FCA)、ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)
Gemforex:ニュージーランド(FSP)
AXIORY:ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)
FxPro:キプロス証券取引委員会(CySEC)、英国金融行為監督機構(FCA)、ドバイ金融サービス機構(DFSA)、バハマ証券委員会(SCB)
TitanFX:ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)
HotForex:キプロス証券取引委員会(CySEC)、セントビンセント・グラナディーン金融庁、南アフリカ金融サービス委員会
FBS:ベリーズ(IFSC)、キプロス(CySEC)
iForex:英領ヴァージン諸島(BVI)、ハンガリー
Tradeview:ケイマン諸島(CIMA)

こうやってみると、実に多くのライセンスがあることが分かります。
それぞれ、本社も違う国であったり、どこの地域で重点的に展開しているか、など会社ごとの事情
や、創業の経緯も異なるために、ライセンスの取得も1つであったり、複数であったりと分かれます。

■XMの金融ライセンス詳細

XM「Trading Point Of Financial Instruments」は、
欧州10ヶ国で、MiFID(欧州金融商品市場令)に準拠した金融業者登録しており、
キプロス証券取引委員会(CySec)とセーシェル金融庁から金融ライセンスを取得しています。

・キプロス証券取引委員会(CySEC)
キプロス証券取引委員会の金融ライセンスを取得している業者は、
ICF(投資家補償基金)への加盟が義務付けられているため、XMも加盟しています。
加盟しているFX業者に預託している投資家の資金・資産は、
最大2万ユーロまでICFによって補償されます(2万ユーロまでの信託保全)。

ライセンス番号:120/10
ライセンス取得日:2010年8月5日
業者登録番号:251334

・セーシェル金融庁
ライセンス番号:SD010
ライセンス取得日:2016年2月8日

■Gemforexの金融ライセンス詳細

ニュージーランドにて取得

ライセンス番号:FSP564306
ライセンス取得日:201696月

■LandFxの金融ライセンス詳細

・英国 金融行為監督機構(FCA)から取得
FCAライセンス保有業者の口座に預託されている投資家の資金は、
FSCS(金融サービス補償機構)によって最大5万ポンド(約650万円)まで補償されます。

ライセンス番号:709866
ライセンス取得日:2016年6月7日

・ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)から取得
ライセンス番号:FSP264385
ライセンス取得日:2013年3月17日

■HotForexの金融ライセンス詳細

HF Marketsグループのブランドとして営業しており、キプロスなどの金融ライセンスを取得しています。

キプロス証券取引委員会(CySEC):企業登録No.277582 / ライセンスNo.183//12
セントビンセント・グラナディーン金融庁:企業登録No.22747 / ライセンスNo.2015
南アフリカ金融サービス委員会:金融サービス業登録no.46632

■FxPro(FXプロ)の金融ライセンス詳細

FxProは、キプロス証券取引委員会(CySec)と英国の金融行為監督機構(FCA)から金融ライセンスを取得しています。

・キプロス証券取引委員会(CySEC)から取得している金融ライセンス
ライセンス番号:078/07
ライセンス取得日:2007年3月5日
業者登録番号:181344

・英国 金融行為監督機構(FCA)にて取得
FXPRO UK LimitedはFCAからライセンス取得
(登録番号:509956 登録年月日:2010年8月18日)、
FXPRO Financial Services LTD.はMiFID(欧州金融商品市場令)に準拠。
(登録番号:477418 登録年月日:2008年1月8日)。

■TitanFXの金融ライセンス詳細

ニュージーランド証券投資委員会(NZFSP)にて取得。
信託保全も導入しており、資金は、ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)の信託口座で管理されています。

ライセンス番号:FSP388647
ライセンス取得日:2014年7月22日

■AXIORYの金融ライセンス詳細

ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)の金融ライセンスを取得しています。
ライセンス番号:IFSC/60/255/TS/14
ライセンス取得日:2013年12月27日

タイトルとURLをコピーしました