MT5取り扱いおすすめ業者(国内・海外)

海外FX

鳴り物入りでのデビューだったはずのMT5だが、メタクォーツ社の予想に反して、相当に普及が遅くなってしまっているのが現状だ。

ただし、最近になってようやくMT4に加えてMT5を導入する会社も増えつつある。

当記事では、現在MT5を導入しているおすすめの会社をあげてみた。

MT5が使えるおすすめ業者一覧

ここでは、国内、海外業者含めてMT5が使える業者をまとめてみた。つい2,3年前まではMT4だけでMT5の導入企業はほとんどなかったが、最近になって確実に増えている。

国内でも2012年に日産センチュリー証券会社が採用後、普及が進まないことを理由に即時撤退したものの、最近ではオアンダ、アヴァトレードが導入するなと垣根は低くなりつつある。

FXGT (おすすめ)

2019年12月に営業開始した新興ブローカー。新しいとはいっても仮想通貨で実績のあるCryptoGTの関連会社であること、金融ライセンスを所持していることから、一定の信頼性は担保されているといえる。新しい会社らしくMT4との選択制ではなく、MT5のみとなる。

XM  (おすすめ)

ウサインボルトがスポンサーとしてついているXMは、海外でも日本でもあまりにも有名で説明の必要はないだろう。
エックスエムがMT5を導入してから、世界的にMT5の普及の流れに道筋がついたといわれている。仮想通貨取引はMT5のみとなる。

LAND-FX (おすすめ)

豪華なボーナス、低スプレッドの両立でコアなファンを獲得しているランドFXもMT5を導入している。

FBS

3000倍のハイレバレッジで有名なFBSは最も早くMT5を導入した会社のひとつだ。
あまりに早すぎてほとんど見向きもされない時期も長く続いたが、ようやく最近になって、MT5ユーザーも増えつつある。

TitanFX

ボーナスはないものの、低スプレッドで人気のタイタンFX。サーバ増強や日本語サポートなども徹底しており、日本人からの評価は非常に高い。

IFC Markets

IFCM Groupというイギリスを拠点にする世界有数の金融グループであることから信頼性が高い。フリーマージンに対して最大年間7.0%の利息がつけるユニークなキャンペーンを実施している。

HotForex

世界的に高評価の受けている会社。海外の口コミサイトではXMをも上回る評価を得ている。一時期日本から撤退したが、再度参入した。

TradeView

2004年運営開始と老舗の部類に入る。日本市場は重視してこなかった経緯もあり、国内での知名度はイマイチだった。

Avatrade

アヴァトレードは国内業者としては、2019年初めてMT5を導入。レート操作疑惑や回線の重さなど様々な問題もあるようだが、仮想通貨も真っ先に参入するなど、チャレンジ精神は旺盛のよう。仮想通貨は既に撤退しているので、MT5も普及が進まなければ、同様のケースになる可能性も。

oanda

オアンダジャパンは2020年1月にMT5を正式リリース。国内2社目となる。MT4でも比較的早い参入だったが、他社のMT4とは、異なる独自仕様の為、システムのフリーズやバグが頻繁に発生するのがデメリット。

海外と国内とでは関連性はなく別法人となる。

その他の業者

他にも複数あるが、日本語が使えなかったり、仮想通貨特化でFXができなかったり、サーバーが重かったり、会社の状態が安定していないなどの、理由でおすすめしない。

FXOPEN、FXChoice、FXDD、BlackBullMarkets、ICMarkets、CryptoGT、LiteForex、FXPRO、GSTrade

MT4とMT5の違いについて

「MT4を使っている。まだMT5は時期尚早では?」

「MT5のメリット、MT4との違いについて教えて」

まだメタトレーダー5導入は早い、と感じている人もいるかもしれないが、海外では日本以上にMT5へのシェアの推移が進んでいる。下記記事ではそれぞれの違いについてまとめてある。

2種類のMT5の違い(ヘッジタイプ・ネッティングタイプ)

MT5にはヘッジアカウント(hedge account)とネッティングアカウント(netting account)がある。

ヘッジアカウントはMT4でも使われていた方式で、MT5でもこちらがスタンダードになる。

ヘッジとは直訳で「避ける」という意味で、ポジションが別々に管理されて互いに干渉しない仕組みとなっている。

対してネッティングアカウントではポジションが合体・相殺される。そのため、ネッティングアカウントでは、両建て、ナンピン、トラリピができない。

あまり気にする必要はないが、基本的にヘッジタイプMT5を選んでおけば間違いない。

LiteForex、FXPROがネッティングタイプ、でそれ以外で上記にあげているのは全てヘッジアカウントになる。

まとめ

ちょっと前までは、MT5の取り扱いをしている会社が少数で探すのも大変だったが、2020年以降じょじょに増えてきている。
メタクォーツ社の目論見通り今後はMT5の普及はまずます進んでいくと思われる。

MT4を使っている人であれば、レイアウトは同じ感じで慣れるのも早いだろう。
メタトレーダーシリーズを使ったことがない人は、今後MT5が世界標準になっていくことを考えると今のうちに慣れておいて、時代の波に取り残されないようにしてほしい。

タイトルとURLをコピーしました