MT5(XM)のダウンロード

海外FX

当記事ではMT5の無料ダウンロードからインストール、実際の操作方法の手順までを解説する。

これを行うことにより、Windows,Mac上でのMT5でトレードを行う環境を整える事ができる。

ここでは、一番人気のXM-MT5を例にとって説明していく。

MT5(メタトレーダー5)とは

世界で最も使われているメタクォーツ社のメタトレーダー4の後継版としてリリースされたトレードツールだ。
当初は、MT4のインジケーターの普及していたことと、導入企業の少なさ、バグやシステムの不具合からなかなか浸透しなかったが、メタクォーツ社の度重なるアップデートで使い勝手が格段によくなったことや導入企業も増えてきたことから、今後はMT5のシェアがさらにふえてくるものと予想される。

MT5ユーザーがどのように使っているか

MT5の使い方として大きく二通りに分けられる。

・チャートにテクニカル指標などを表示させて、裁量トレード
・チャートに自動売買ソフト(EA)をセットして自動売買取引

最近では、MT5用のインディケーターやEAシステムも増えてきて選ぶのにも困らなくなってきた。

MT5の無料ダウンロードとインストール

まずは、MT5をダウンロードしよう。MT5は完全無料で使用可能だ。後から別料金や追加料金の請求があったり、機能制限されるようなことは全くない。ライブ口座がなくても利用可能だ。

また、MT5はどこのFX業者のものでも同じ仕様だが。置いてあるサーバーの場所が会社ごとに異なっていて、この差が意外に大きい。

まずはここからダウンロードを行ってみよう。

XMのMT5をおすすめする理由

MT5は複数の業者からリリースされているが、その中でもXMのMT5をおすすめしている。

理由としては、

・888倍のハイレバレッジ

国内業者の25倍をはるかに凌駕する資金効率

・3000円の口座開設ボーナス

初めての口座開設者にはもれなくもらえるので、これを使ってトレードすれば、完全なノーリスクだ。もちろんデモ口座ではないので、利益が出れば、利益分は出金可能となる。

・サーバーが高性能で軽い

しっかりと約定し、固まったり、意味不明のスリッページが皆無。サーバーが不安定な会社だとやたらフリーズして、本来とは違った価格での決済を余儀なくされるケースもある。

・Mac版MT5が独自にあるので、VPSを利用したり、BootCampやwine、仮想化ソフト(Parallels Desktop、VMware Fusion、VirtualBox)などを使うことなく、MACの環境そのままで使える。

他の業者を見てみたいという人は下記にてMT5が使える業者をまとめてある。

MT5取り扱いおすすめ業者(国内・海外)
鳴り物入りでのデビューだったはずのMT5だが、メタクォーツ社の予想に反して、相当に普及が遅くなってしまっているのが現状だ。ただし、最近になってようやくMT4に加えてMT5を導入する会社も増えつつある。当記事では、現在MT5...

MT5とMT4の違いについて。MT5の優位性が分かると思う。

MT5とMT4の違いは?対応業者の現状からどっちがおすすめか探る
MT5はメタクォーツ社が開発するメタトレーダーの最新バージョンだ。ただ、現在では知名度、仕様者数ともに以前のバージョンのメタトレーダー4の方が上回っているのが現状だ。 「MT5を導入したいけどまだ時期尚早なのでは・・?」 「MT...

その他XMの記事については下記を参照してほしい

XMの評判と口コミ
XMのボーナスについて

1、exeファイルの保存,実行

ダウンロードボタンをクリックすると、MetaTrader5のインストーラが表示される。

「Save File(ファイルを保存)」ボタンをクリックし、任意のデータ保存場所を指定したら、exeファイル(MetaTrader5のインストール用実行ファイル)がダウンロードされる。

ダウンロードが完了したら、さっき指定したデータ保存場所に表示されている「mt5setup.exe」をダブルクリック。

ウィンドウ上の「実行」をクリックすれば、MT5のインストールが開始される。

2、MT5のセットアップ

セットアップウィザードが表示されたら、XM MT5の使用許諾契約条項に目を通そう。
内容に同意したら、「次へ」をクリックするとインストールがスタートする。

ここで「設定」ボタンをクリックすると、インストールフォルダの変更ができるが、通常は、デフォルトの設定のまま「次へ」をクリックで大丈夫だ。

インストールが始まると、画面上にプログレスバー(進捗を示すバー)が表示されるので、そのまま待とう。

3、.MT5の起動

インストールが完了すると、MT5起動と同時に既定のブラウザが自動的にMQL5のコミュニティサイトを開く仕様になっている。

サイトではMT5のサポートやインディケータやEAといったインフォメーションがあるが、宣伝でもあるので、閉じてしまって構わない。

インストール時の「設定」で「オープンMQL5.communityウェブサイト」のチェックボックスをオフにしておくことで、ブラウザ起動を省略することもできる。

以上でダウンロードは完了だ。

デスクトップ上にXM-MT5のショートカットアイコンが作成されているはず。

以降は、デスクトップ上に作成されたショートカットアイコンをダブルクリックすれば、MT5を起動することができる。

まとめ

XM版MT5のダウンロードとインストール方法を述べてきた。

MT4を使っている人であれば、レイアウトもなじみやすいので、すぐに慣れるだろう。メタトレーダーがはじめての人は最初は戸惑う面もあるかもしれないが、直観的操作も意識して作られているので、時間が経つごとに自然にトレードができるようになっているはずだ。

なにしろMT5は、今後世界で一番多くのトレーダーが使うことになるのは間違いないので、今のうちから馴染んでおくことが得策だろう。

タイトルとURLをコピーしました