MT5の使い方

海外FX

当記事では得メタクォーツ社のメタトレーダー5(MT5)の使い方についてまとめた。

特にメタトレーダーは初めて使うという人は戸惑うことも多いだろう。逆にMT4を使っていた人は、基本レイアウトが共通のため、取り組みやすいと思う。

MT5の使い方(PC)

ここでは、メタトレーダー5の代表的な使い方をまとめてある。ここにあるやり方をマスターするだけで最低限のことはできるようになるはずだ。

まだMT5をダウンロードしていない人は、からダウンロードしてセットアップを完了させてから進もう。

MT5の基本画面とチャートの表示方法

MT5の基本画面は、ほとんどMT4と変わらないといっていい。

一番大きな部分に通貨ペアのチャートが表示され、上部にメニューバー、下部に取引や口座の履歴が表示される。

MT5チャートをトレードしたい通貨ペアで表示させたい

メインチャートを監視したい通貨ペアで表示させる場合は、上部メニューバーにある「ファイル」ボタンをクリックし「新規チャート」から好きな通貨ペアを選択。

注文板を表示させたい

上部メニューバーの中から「チャート」をクリックし「板注文画面」をクリックして注文板を表示。

チャートのローソク足表記をバーチャートに変える方法

MT5の基本画面ではデフォルトでロウソク足のチャートが表示されている。
これを変更する方法だ。

上部メニューバーの中の「チャート」をクリックし、「バーチャート」「ラインチャート」など表示させたいチャートを選択。

MT5のチャート時間足を変えたい

上部メニューバーの中の「チャート」ボタンをクリックし「時間足設定」をクリック。
時間足はMT4よりも増えているが、自分が使いやすいもの、普段使っているものを選んだほうが負担が少ない。

MT5のチャートにてテクニカル分析を行いたい

メニューバーの中にある「挿入」ボタンをクリックすると、インディケーターなど分析ツールが利用可能になる。

MT5でエントリーを行う方法

MT5での注文方法についても基本的にはMT4と同じだ。エントリータイミングになったら、メニューバーにある「新規注文」をクリックして注文画面を表示。

成行注文の方法

新規注文アイコンをクリックし、注文画面を開き、以下手順でエントリーを行う。

①取引したい通貨ペアを選択
②カウントダウン注文を選択
③取引数量を半角で入力
内容に間違いなければ「成行売り」または「成行買い」ボタンをクリック。

指値注文の方法

①取引を行う通貨ペアを選択
②指値注文を選択
③指値買いは「Buy Limit」、指値売りは「Sell Limit」を選択。
④取引数量を入力
⑤取引希望価格を選ぶ
内容を確認後「注文」をクリック。

逆指値注文の方法

①取引を行う通貨ペアを選択
②指値注文を選択
③逆指値買いは「Buy Stop」、逆指値売りは「Sell Stop」を選択。
④取引数量を入力
⑤取引希望価格を選ぶ
内容を確認後「注文」をクリック。

MT5の使い方(スマホアプリ)

■MT5アプリの通貨ペア設定方法

・気配値に表示したい通貨ペアを追加

気配値タブの上にある「+」ボタンをタップ、
「シンボルを追加」画面に進み、
検索ボックスや銘柄ごとのフォルダが表示。
「シンボルを検索」で、出したいチャートのシンボルを検索。
表示されたらそれをタップして追加。

・気配値へ表示している通貨ペアを整列

気配値タブの上にある「ペンボタン」をタップ。
「選択されたシンボル」に進むと通貨ペアの左に「三」マークがつくので、
ドラッグして通貨ペアの並び順を変更。

・気配値へ表示している通貨ペアを削除
タブの上の「ゴミ箱ボタン」をタップ。
現在チャートが表示されている通貨ペア以外の通貨ペアの右のチェックボックス
の中から削除したい通貨ペアを選択。
一番右上のゴミ箱ボタンをタップすると選択通貨ペアが削除される。
元の気配値画面に戻りたいときは、「←」で1つずつ戻るか、
左側のタブ一覧の気配値タブをタップ。

■MT5アプリのチャート表示方法
・気配値にある通貨ペアのチャートを表示
気配値タブを開いて、気配値を表示。
表示させている通貨ペアをタップするとタップした通貨ペアに切り替わる。

・チャートウインドウを複数表示

+新規チャート」をタップすると、チャート画面が1つずつ増えていき、マルチウィンドウ
になる。

・時間足を変更する
チャート部分をタップすると円形の操作パネルが出てくる。
「M1〜MN」の表示をタップする。(M1は1分足を表している)

・十時線を表示する

円形の操作パネルの中の「十」ボタンを選択すると十時線を表示できる。

・ライン類を表示する

円形の操作パネルの中の図形ボタン(「△○□」が重なっているボタン)
を選ぶと、ラインやフィボナッチなどのオブジェクトが追加となる。

・インジケーターやオシレーターを表示
「f」ボタンを選択すると、チャート上に表示されているインジケーターやオシレーターが表示される。
追加は、表示された管理画面上の「f+」ボタンをタップ。

・ターミナルを表示

下にあるターミナルのタブバーをドラッグして引き上げて表示。

■MT5アプリの注文・決済方法

・注文画面と各種注文方法
注文は、アプリ画面右上の[+]形の注文ボタンをタップ
注文したい通貨ペアのチャートを選択した状態でタップすると、その通貨ペアが注文される。

・決済(クローズ)方法
成行決済だけでなく、指値決済(T/P)、逆指値決済(S/L、損切り設定)分割決済も可能だ。

関連記事

■MT5のダウンロードとセットアップについては下記記事を参考に

XM-MT5のダウンロード
当記事ではXM MT5の無料ダウンロードからインストール、実際の操作方法の手順までを解説する。これを行うことにより、Windows,Mac上でのMT5でトレードを行う環境を整える事ができる。ここでは、一番人気のXM-MT5を例にとっ...

■MT5を採用している業者一覧について

MT5対応業者のおすすめはどこ?(国内・海外)
当記事では、現在MT5を導入している業者をおすすめ順にあげてみた。鳴り物入りでのデビューだったはずのメタトレーダー5だが、メタクォーツ社の予想に反して、相当に普及が遅くなってしまっているのが現状だ。ただし、最近になってようやくMT4に...

■MT5とMT4の違いは?対応業者の現状からどっちがおすすめか探る

MT5とMT4の違いは?対応業者の現状からどっちがおすすめか探る
MT5はメタクォーツ社が開発するメタトレーダーの最新バージョンだ。ただ、現在では知名度、仕様者数ともに以前のバージョンのメタトレーダー4の方が上回っているのが現状だ。「MT5を導入したいけどまだ時期尚早なのでは・・?」「MT5とMT...

まとめ

MT4からのユーザーで操作感がしっくりとくる人、メタトレーダー自体がはじめてで細かいことが分からずに戸惑う人、様々だろう。ただ、MT5はこれから普及が加速度的に進み、業界で一番のシェアになることは間違いない。実際にMT5を導入する業者も数年前に比べて増えてきた。

今のうちにマスターしておくと、仮に業者を変えたとしても、操作スキルは基本同じなので、ずっろ使えるスキルを身に着けるのと同じことになる。使えば使うほどカスタマイズもしやすくなり、自分にあったスタイルに調整できるので、是非そのレベルまで慣れてほしい。

タイトルとURLをコピーしました