MT5の使い方

海外FX

当記事ではMT5の使い方についてまとめた。

特にメタトレーダーは初めて使うという人は戸惑うことも多いだろう。逆にMT4を使っていた人は、基本レイアウトが共通のため、取り組みやすいと思う。

MT5の使い方一覧

ここでは、メタトレーダー5の代表的な使い方をまとめてある。ここにあるやり方をマスターするだけで最低限のことはできるようになるはずだ。

まだMT5をダウンロードしていない人は、からダウンロードしてセットアップを完了させてから進もう。

■MT5のダウンロードとセットアップについては下記記事を参考に

MT5(XM)のダウンロード
当記事ではMT5の無料ダウンロードからインストール、実際の操作方法の手順までを解説する。これを行うことにより、Windows,Mac上でのMT5でトレードを行う環境を整える事ができる。ここでは、一番人気のXM-MT5を例にとって説明...

■MT5を採用している業者一覧について

MT5取り扱いおすすめ業者(国内・海外)
鳴り物入りでのデビューだったはずのMT5だが、メタクォーツ社の予想に反して、相当に普及が遅くなってしまっているのが現状だ。ただし、最近になってようやくMT4に加えてMT5を導入する会社も増えつつある。当記事では、現在MT5...

・MT5の基本画面とチャートの表示方法

MT5の基本画面は、ほとんどMT4と変わらないといっていい。

一番大きな部分に通貨ペアのチャートが表示され、上部にメニューバー、下部に取引や口座の履歴が表示される。

・MT5チャートをトレードしたい通貨ペアで表示させたい

メインチャートを監視したい通貨ペアで表示させる場合は、上部メニューバーにある「ファイル」ボタンをクリックし「新規チャート」から好きな通貨ペアを選択。

・注文板を表示させたい

上部メニューバーの中から「チャート」をクリックし「板注文画面」をクリックして注文板を表示。

・チャートのローソク足表記をバーチャートに変える方法

MT5の基本画面ではデフォルトでロウソク足のチャートが表示されている。
これを変更する方法だ。

上部メニューバーの中の「チャート」をクリックし、「バーチャート」「ラインチャート」など表示させたいチャートを選択。

・MT5のチャート時間足を変えたい

上部メニューバーの中の「チャート」ボタンをクリックし「時間足設定」をクリック。
時間足はMT4よりも増えているが、自分が使いやすいもの、普段使っているものを選んだほうが負担が少ない。

MT5のチャートにてテクニカル分析を行いたい

メニューバーの中にある「挿入」ボタンをクリックすると、インディケーターなど分析ツールが利用可能になる。

MT5でエントリーを行う方法

MT5での注文方法についても基本的にはMT4と同じだ。エントリータイミングになったら、メニューバーにある「新規注文」をクリックして注文画面を表示。

・成行注文の方法

新規注文アイコンをクリックし、注文画面を開き、以下手順でエントリーを行う。

①取引したい通貨ペアを選択
②カウントダウン注文を選択
③取引数量を半角で入力
内容に間違いなければ「成行売り」または「成行買い」ボタンをクリック。

・指値注文の方法

①取引を行う通貨ペアを選択
②指値注文を選択
③指値買いは「Buy Limit」、指値売りは「Sell Limit」を選択。
④取引数量を入力
⑤取引希望価格を選ぶ
内容を確認後「注文」をクリック。

・逆指値注文の方法

①取引を行う通貨ペアを選択
②指値注文を選択
③逆指値買いは「Buy Stop」、逆指値売りは「Sell Stop」を選択。
④取引数量を入力
⑤取引希望価格を選ぶ
内容を確認後「注文」をクリック。

まとめ

MT4からのユーザーで操作感がしっくりとくる人、メタトレーダー自体がはじめてで細かいことが分からずに戸惑う人、様々だろう。ただ、MT5はこれから普及が加速度的に進み、業界で一番のシェアになることは間違いない。実際にMT5を導入する業者も数年前に比べて増えてきた。

今のうちにマスターしておくと、仮に業者を変えたとしても、操作スキルは基本同じなので、ずっろ使えるスキルを身に着けるのと同じことになる。使えば使うほどカスタマイズもしやすくなり、自分にあったスタイルに調整できるので、是非そのレベルまで慣れてほしい。

タイトルとURLをコピーしました