NDD方式採用の国内・海外業者を完全比較

海外FX

DD方式と比べると、圧倒的に透明性が高いNDD方式。

国内業者のほとんどがDD方式であるのに対して、海外業者はほぼNDD方式になる。

もちろん海外ブローカーでもDD方式を採用している例もあるが、それぞれに一長一短があるわけだから、その方式の採用が悪いとは一概にはいえない。
まずはNDD方式のメリットとデメリットを知って、その長所を生かすようなトレードができるようにしたい。

NDD方式には2種類ある

単にNDD方式だからといって、顧客にとって有利だというわけではない。

NDD方式はさらに
ECN(Electric communication network)方式
STP(Straight through processing)方式
の2つの種類に分けることができる。

ECN
バーチャル取引所に近い感じで銀行や証券会社、ファンドマネージャー
トレーダーが注文を出し合い、ロットと価格が合えば、取引が成立するやり方。

この注文価格は株式や先物取引と同じく板情報としてみることができる。

価格はこの取引所の中でやり取りしている中で決定するので、業者がレートを操作することはできず、業者の取り分は純粋に仲介手数料だけになる。

マッチングを適正におこなうためには、流動性が必要になることから、証拠金や最低取引ロットが大きくなります。

STP

顧客の注文をそのまま市場に流すやり方。

ECN取引に参加している銀行や証券会社に注文を流すイメージになる。この方式だと先方でロット数がまとまるので、小口の取引も可能だ。

この方式だと、カバー先の掲示しているレートに対して注文を出すので、本来のレートにスプレッドをプラスして価格を出すことができる。

そして、この注文がマッチングしているかどうかについては、カバー先がおこなっていることなので、顧客が見ることができない。

つまり本当にオーダーを流しているかどうか、自分のところで相対取引をおこなっているかもしれない、という疑念もでてくるわけだ。

・本当にNDD方式かどうかを調べる方法
中がブラックボックスのDD方式に比べると、NDD方式ならば安心と思われるかもしれない。

しかし、NDD方式だからといって、本当に透明性の高い安全な業者かというと疑問が残る。

しかし、それを自分たちで確認する方法があるのだ。

現在使っている、または使おうとしている業者に対して、

「リクイディティプロバイダー(Liquidity provider)を教えてください」
または
「板情報を見ることができるかどうか」
と聞いてみればいい。

リクイディティプロバイダーとは、注文を流しているカバー先のこと。

ここがはっきりとしているのであれば、注文に対する処理もしっかりと行われている可能性も高くなる。つまり安全性も高くなるということ。

タイトルとURLをコピーしました