海外FXの入金方法

海外FX

入金方法というのは、国ごとに状況が異なるもの。
そのため海外FX業者は、各国毎の投資家に対して様々な入金方法を用意してくれている。

多くの人は、日本国内からの銀行送金やクレジットカードを使うケースがほとんどだが、それ以外にも方法はいくつもある。
それぞれにメリットやデメリットがあるので、一概に「これがいい」とはいえないが、その特徴を知っておくことで、曖昧だった判断基準がはっきりし、お金を入れることがスムーズにできるようになってくる。

ここでは、様々な入金方法について解説していく。

海外FXには「入出金ルール」が前提として存在する

全ての海外FX業者には、共通認識としてでマネーロンダリング対策のためのルールがある。
・入金元、FX口座、出金先は同一名義人であること。
・入金元と出金先は同一経路であること。


例:銀行入金であれば、銀行出金にてお金の引き出しを行う。
クレジットカード入金はクレジットカードのみ出金できる。
利益分の出金は、自由に選べる場合と銀行送金のみ可能の業者の2パターンがある。
ビットコインの場合は名義はないので無視してOK。

こういったルールは、マネーロンダリング(資金洗浄)対策として、犯罪防止の観点から行われる。上記のルールを踏まえると、入金はどの出金ルートを使うかということを考えておく必要がある。

海外FXにおける入金方法の近年の変化
以前はオンライン決済サービスのネッテラー(2016年9月)やスクリル(2016年10月停止)が使われていたが、現在では使われていない。

その代わり、bitwalletをはじめとするオンラインウォレット送金の割合が高くなりつつある。

一般的な銀行送金だけでなく、選択肢も増えてきたということだ。

代表的な入金方法
海外FX業者への入金方法としての主流は下記の6種類。
国内銀行送金
クレジットカード入金
ビットコイン入金
bitwallet入金
Sticpay入金
海外銀行送金

以下にそれぞれの特徴を解説していく。

国内銀行送金

一番メジャーなのが「国内銀行送金」。
国内銀行送金とは、所定の国内銀行に振込んで入金する方法のこと。
分かりやすいので、安心感があり、手数料も少なくて済む。

主な対応業者
XM
LAND-FX
Gemforex

クレジットカード入金

海外FX業者へクレジットカード入金を行うと「ショッピング枠」利用として処理される。
つまり、カードのショッピング枠の限度額=入金の最大額となる。
カード番号を教えることを心配する人もいるが、ここで紹介しているような真っ当な業者では顧客情報についても厳重に管理しているので、まず大丈夫だ。

主な対応業者
XM、AXIORY、TITANFX、LAND-FX、FBS

*VISAは全ての会社(FXGTを除く)で使えるが、マスターカードはXM,Axioryでは使えないので注意が必要。

利用できるクレジットカードの種類

VISA/Master Card/JCB/AMERICAN EXPRESS/Diners Club/DISCOVER/VISA Electron(VISA発行のデビットカード)/Maestro(Master Card発行のデビットカード)

FX業者使えるクレジットカード
XMVISA、JCB
GemForexVISA、マスター、アメックス、ダイナース
FXGTJCB
AxioryVISA、JCB
TitanFXVISA、マスター、アメックス
FBSVISA、JCB
HotforexVISA、JCB
Tradeviewなし
LAND-FXVISA、マスター
iFOREXVISA、マスター、JCB、アメックス、ダイナース
FXProVISA、マスター
is6comVISA、マスター、JCB
ifcmarketsVISA、マスター、JCB
IronFXVISA、マスター、JCB
XLNTradeVISA、マスター、JCB
instaforexマスター
BigbossVISA、マスター、JCB
8MAXVISA、マスター
MYFXMarkets

VISA、マスター

TICKMILLVISA、JCB

 

bitwallet入金

今後の入金の主流となってくると予想される。ビットウォレットは、オンラインウォレット(電子財布)であり、資金をクレジットなどで保管でき、提携業者に対し入出金が自由に行える。

主な対応業者
XM、TITANFX、iFOREX、FBS、Gemforex、

Sticpay

スティックペイとは、オンライン送金サービスのこと。
2017年に香港でスタートした新しいサービスだが、銀行送金にの時間を短縮し、手数料も安く抑えることができる。ただし、bitwalletと比べると割高で、入出金ともに手数料がかかってしまう。

Sticpayは、国内金融機関を経由せずに現金出金可能だ。国内はもちろん世界中のATMで現地通貨の引き出せたり、MasterCard加盟店での支払いも可能だ。

XM、Gemforex、FBS、LAND-FX

*他にはPerfect MoneyやOKPAYといった決済サービスもあるが、日本語に対応しておらず手数料も高め、なので、日本人はあまり使わないだろう。

海外銀行送金

本来ならば、一番スタンダードなやり方だが、手数料がかかり時間も即時とはいかないので、
デメリットの方が多いだろう。おすすめはできない。

ビットコイン入金

ビットコインのメリットとしては、手数料が安いのと、口座反映が即時という点だ。デメリットとしては、価格変動が大きいので、相場の時期によっては、損してしまうことも多いだろう。

主な対応業者
XM、AXIORY、TITANFX、FXGT

今後主流になりそうな仮想通貨入金
仮想通貨がこれから普及するにつれて、暗号通貨入金が増えてくることは十分に予想される。

2019年末に営業を開始したFXGTは元々仮想通貨取引所のCryptoGTと同じ系列のこともあり、ビットコインだけでなく、イーサリアム、リップルでの入金も可能だ。FXGTは仮想通貨取引とFXの両方のトレードが可能だ。

海外FXの入金方法まとめ

海外FXの入金については、出金と同じルートであることが必要なため、最初からどのルートを使うかをある程度決めておく必要がある。それを踏まえると、手数料の負担分も合わせて考えると、ビットウォレットか仮想通貨での入金が最適だろう。

bitwalletは複数の海外口座を持っていたり、入出金が増えてくると、便利さを痛感するはずだ。STICPAYについては、まだ手数料が高い面もあるものの、今後に期待できそうだ。仮想通貨入金は、まだまだ取り扱いが少なくビットコインも受け付けていないブローカーが多いが、今後は変わってくると予想される。そんな中、複数の仮想通貨でのやり取りができるFXGTは、先進的でもあるといえる。

タイトルとURLをコピーしました