海外FXのスプレッドを比較してみた

スプレッドにも会社ごとにけっこうな開きがあることもある。
ここでは、各業者間のスプレッドを比較してみよう。

スプレッドとは

スプレッドとは、売値と買値の差額で、これがFX業者の利益となる。
原則的に取引の全てにおいて設定されていて、トレーダーが売買する度に発生する。

ただしスプレッドは一律ではなく、会社ごとによって、設定幅が異なっているのが現状だ。
国内業者は固定スプレッド採用が多く、海外業者は変動スプレッド採用が多い。

また会社ごと、通貨ペアごとにもそれぞれ違った幅になっている。

また相場の活性化する時間帯や相場の大変動時にはスプレッドが広がる傾向がみられる。

スプレッドの差はトレーダーの利益の差にも直結するため、トレーダー側としても慎重に会社選びを行う必要がある。単純に考えればスプレッドが狭ければ狭いほどいい、と思いがちだが、そんなに簡単なものではなく、サーバのレベルによる約定力やスリッページ、ボーナスの有無による差異までを考慮して最適な会社を見つける必要がある。

いわば「隠れスプレッド」までを考えた「トータルスプレッド」を意識する必要があるのである。

ますは、下記にてスプレッドの比較を行ってみた。

ちなみに、国内業者はドル円が低めになっているが、これは国内ではドル円の取引が一番多く流動性
が高いからである。海外業者でも日本に力を入れている会社は国内ユーザーが多く、ドル円のスプレッドが狭くなっている。

 

こうやってみると、スプレッドも会社によって大きく違うんだということが感じられるはずだ。
ただ先ほども述べたように、スプレッドだけで見るのではなく、ボーナスや約定力も含めて判断する
必要がある。一見広いようにみえても、約定力が高く、ボーナスが充実している会社だと全体で考えると結局お得だったということがよくある。

次にスプレッドの狭くおすすめできる口座をまとめてみた。

スプレッドの狭さを存分に生かし切れる口座4選

■XM Zero口座(MT4/ECN)

海外FXの代名詞ともいえるXM。
ネームバリューでは圧倒的だが、デメリットとして、スプレッドの広さ
があげられてきた。
XM側にもこの多くの声が届いていて、それにこたえる形でゼロ口座を新しく作った次第だ。

“zero”の名前の通り、スプレッドがゼロになるが、その代わりに取引手数料がかかる。
取引手数料は1lotあたり往復1,000円とやや高めだが、それでも全通貨平均スプレッドは2.0pips以下となっている。

XMの口座を開設している人は、簡単に追加できるので、Zero口座を開設してもいいだろう。

■Tradeview ILC口座(cTrader/ECN)

スプレッドの狭さでいえば、Tradeviewだろう。
そのスプレッドは業界でも1番だといえる。

ILC口座はMT4,cTrader,Currenexの3つから選択するようになっている。

おすすめはcTrader口座。
この中でも一番スプレッドが狭く、かつスキャルピングもやりやすいのがうれしい。

約定力も問題ないレベルだ。スキャルピングメインのスキャルパーであれば十分に対応可能だ。

デメリットとしては、最低取引枚数が1万通貨~・レバレッジ制限が200倍、初回入金額が10万円以上
となっているので、超初心者ではなく、中級者以上が取り組みやすいといえる。

■BIGBOSS プロスプレッド口座

最大レバレッジ555倍・取引手数料10万通貨あたり片道4.5ドル・狭スプレッド
最小取引数量は1,000通貨・最低初回入金額の指定がない分、トレードビューと比較して初心者
が取り組みやすいといえる。

■AXIORY ナノスプレッド口座(MT4・cTrader/ECN)
全体的にスプレッドの狭さでバランスが良い。

ナノスプレッド口座は、MT4とcTraderの2種類から口座タイプを選べるが、スプレッドは同じ。
スキャルピングであれば、cTraderがいいだろう。
1,000通貨から取引可能、初回入金額2万円~、最大レバレッジ500倍と
敷居は低い。

■2種類のスプレッド「固定」と「変動」

スプレッドには、固定スプレッドと変動スプレッドの2種類が存在する。

国内業者はほぼすべて「固定」なのに対し、海外業者は「変動」が圧倒的に多い。

それぞれに一長一短があるので、どちらがいいとは断言できないが、変動の場合は、
大きく開いた時のトレードに注意する必要がある。

■最小スプではなく、平均スプを意識すべし

海外業者の中には、公式ウェブサイトでリアルタイムのスプレッドを公開しているところもある。
特にスプレッドの狭さを売りにしている会社だと、一定期間の平均・最大・最小まで
公開している。

注意したいのは、その最小スプレッドを見て、「こんなにスプレッドが狭いんだ!」と思い込んでしまうこと。

それは、あくまで最小スプレッドであって、その時だけの一瞬の低スプレッドだった可能性もある。
みるのであれば、あくまでも平均スプレッドをみるようにしよう。

■手数料を含めた実質スプレッドを知っておこう

現在では、多くのFX会社がスタンダード口座以外にも低スプレッド口座を用意している。
XMであればzero口座、GEMFOREXであればノースプレッド口座などがあげられる。

インターバンクに直結させるなどをおこない、0.0pip~といった低スプレッドを実現しているのだが、
実際にはスプレッド幅を狭くする代わりに取引手数料がかかってしまう。

見た目だけのスプレッドの狭さにのせられて、口座を開いて取引を行うと、手数料を含めると通常口座よりもスプレッドが広かった・・、という話も現実にあるので注意したい。

・実質スプレッドの計算方法

(表示スプレッド+往復の取引手数料(片道であれば×2))×取引通貨量

(例)表示スプレッド 0.4pips、取引手数料 1lot(100,000通貨)あたり5通貨=0.5pips。

手数料は片道が普通なので、注文と決済の2回のそれぞれで手数料がかかる。

例にあげた条件で、1lotの取引をした場合、
(0.4pips + 0.5pip ×2)×1lot=1.4pips
のコストになる。

A社スタンダード口座:スプレッド…1.0pip  取引手数料…なし =1.0pips
B社低スプレッド口座:スプレッド…0.3pips 取引手数料…0.5pips=1.3pips

蒸気のような条件だった場合、B社のスプレッドが低かったとしても、トータルではA社の方が安いなんてこともあるから、
しっかり計算してどちらの口座がいいか検討すべきだろう。

タイトルとURLをコピーしました