海外FXの出金方法について

海外FX

海外FX業者を使っていて、不安に感じてしまうのが、出金に関すること。

いくらトレードで利益を積み重ねたからといっても、そのお金が出金できないのでは、
その利益はないものと同じになってしまう。

実際に国内業者と違い海外に拠点があるので、心配になってしまうのも無理ないかもしれない。

しかし、出金は入金と同じくそれほど難しいものではない。

世界中のトレーダーがより使いやすいように、いろんな出金方法を準備している。

銀行送金、クレジットカードはもちろんのこと、ビットウォレットや仮想通貨にも対応している
会社もある。

それぞれの出金方法によって、メリットやデメリットがあるので、FX会社を新しく選ぶ際の選択の
基準の一つとなることもあろう。

ここでは、海外FX会社の出金方法やメリット、デメリットについて述べていく。

海外業者が気を付けているのが、マネーロンダリングについて。

マネーロンダリングとは、日本語でいう「資金洗浄」のことで、
違法薬物取引、脱税など犯罪によって得られたお金を、
資金の出所を混乱させるために、様々な口座に、送金を繰り返したりすることをいう。

海外FX業者はこれらの犯罪行為に加担しないように、「入金に使った手段で出金を行う」共通ルールを設けている。

ただし、取引で利益が発生すると、入金額以上の出金があるケースも出てくる。
その際に「出金優先手順ルール」が必要となってくる。

■出金優先手順

1.クレジットカード・デビットカード出金
2.仮想通貨(bitcoin)出金
3.電子ウォレット/銀行送金

■ボーナスは出金不可

海外業者の魅力のひとつが豊富なボーナス制度。口座開設ボーナスや入金ボーナスが代表的だが、
これらのボーナスはほぼ全ての会社で出金できないようになっている。
あくまでもトレードで使うためのお金だ。

もちろん取引で出た利益については、出金可能だが、ボーナスが出金できないことを勘違いして、出金拒否
や出金トラブルだといっている人をみかけるが、これは誤解である。

■bitwalletでの出金について
今後主流となっていくであろうビットウォレットでの出金。
bitwalletはインターネット上で管理する電子財布で、クレジットカードや銀行振込などによる入金、日本国内の銀行への送金も可能だ。
対応業者間での資金の移動も簡単なので、複数の業者でのトレードを行っている人にとっては便利だろう。
おまけに手数料も安いので、現時点では一番おすすめできる。

・対応業者
TitanFX、FBS、Gemforex、iFOREX、Tradeview、
いずれも即時反映されて手数料は無料だ。

XMは入金のみの対応、Axioryは契約解除により、代わりにStickpayを使うようになっている。

■Stickpay

2017年に香港でスタートした後発組だが、数百万人の利用者を超え、勢いのあるオンライン送金サービスだ。
Stickpayから出金する方法としては、国内銀行送金以外にもStickpayカードを利用した出金も可能で、
日本国内銀行の経由なしで資金が出金可能となっている。

・対応業者
Gemforex、Land-FX、Axiory、Tradeview、
いずれも即時反映、手数料無料。

■海外銀行送金
海外銀行送金は入金では利用されないものの、出金では一般的だ。
ただし手数料が高額なのと、着金まで日数を要するので、bitwalletなどオンラインウォレットの方が利用者が増えつつある。

海外銀行送金はすべての海外FX業者が対応しており一般的な出金方法だが、やはり手数料がかかるのがネックになってしまう。

対策としては、国内受取銀行をソニー銀行にすると受取手数料が無料になることで、手数料の節約が可能だ。

・対応業者
XM、Gemforex、is6com、iFOREX、Tradeview、LandFX、Axiory、FBS、
ここであげただけでなくほぼすべての業者で対応可能だ。
ただし手数料にはばらつきがあるので注意したい。
Landfx ,tradeviewは4000円近く、タイタンFXも2000円弱の手数料がかかる。

手数料がかかり、着金まで数日を要するなどデメリットもあるが、一番基本的な方法の為、すべての業者で対応している。
手数料については、無料のソニー銀行の開設で対応することが可能だ。

■国内銀行振込について
入金時は、一番メジャーで使いやすい国内銀行振込送金だが、出金となると利用できなくなる。

海外からの送金に関しての規制が厳しくなりつつある現状がある。

■まとめ
出金については、制度や法律が毎年変わっていることもあり、常に同じ方法で、とはいかないのが現状だ。
あるサービスが停止したと思ったら、新しいサービスが開始されていたりもする。
現時点ではすべての業者に対応しているわけではないが、ビットウォレットは手数料が安くや口座間の資金の移動が簡単にできて一番お勧めできる。

タイトルとURLをコピーしました