海外FX業者の出金拒否の真実とは

海外FX

「海外FXって怖い」という声を聞くことがある。
その理由を尋ねてみると、「出金拒否、口座凍結があるから」
などという回答が聞かれる。
実際に、出金拒否というものはあるのだろうか。
またあったとしたらどんな理由でなってしまうものなのだろうか。

出金拒否とは

海外FXの出金拒否とはどんなものなのだろうか?出金拒否という自分のお金が引き出せなくなってしまうイメージを持たれると思う。

これは、英語に訳すと「ディールキャンセル」(deal cancel)になる。

Deal Cancelは「利益が出た分のトレードが取消し」になるということ。

利益分が無効になるのでその利益が出金できなくなるが、預け入れた元本に関しては問題なく出金可能だ。
全額出金できないわけではないので安心してほしい。とはいえ、利益分が取り消しというのも相当に痛いが・・。

むしろ国内FXのほうが実は危険

国内FXのほうが、リスクがなくて安心して取引できるという誤解を持っている人がかなりいる。

実は海外FX業者よりも国内FX業者のほうが危ない。

というのも、ガイドラインに書かれている取引制限があいまいなので、気づかずに違反してしまい、
出金拒否や口座凍結になってしまうのだ。

・国内FXのほうが出金拒否の話を聞かないんだけど?

「国内FXブローカーを使っていて出金拒否の話ってあまり聞かないんで実際に国内の方が安心なのでは?」

最初の大前提として、出金拒否や口座凍結が行われるのが、実際に利益を出しているトレーダーになる。

国内FX業者でトレードをしている人は、初心者であったり、いわゆる情弱なので、ほとんどが負け組トレーダーである。
こういう人たちは、利益を引き出す以前に、元金すら溶かしてしまうケースが多いので、お金を引き出す場面まで
進んでいないのだ。

国内ブローカー利用のトレーダーのほとんどは負けて利益もないので、出金拒否に直面することもない。

・海外FXの出金拒否はボーナスアービトラージと指標トレードがほとんどの原因

もちろん海外FXで出金拒否されるケースはある。しかしそれはトレーダーが規約違反をしたケースがほぼすべてである。
決して業者のせいではない。

例えば、海外業者は入金ボーナス100%とゼロカットシステムがある。この仕組みによりトレーダーは追証におびえることなく
堂々とトレードができるが、この仕組みを悪用した場合はただちに出金拒否、口座凍結となってしまう。

・海外FXの別のリスクとは
海外FXには国内とは違う特有のリスクがある。
これらのリスクは出金拒否や口座凍結と一緒にしてしまっている人が多いので、気を付けよう。

海外業者のリスク1:経営破綻

国内のFX会社の場合、日本の金融庁によって完全信託保全が義務となっているため、万が一経営破綻になっても、預けてある資金は守られるが、海外FX業者だと信託保全には当てはまらない。信託保全を謳っている業者もあるが、保証されていない会社の方が多い。

法律で保護されているわけではないので、海外FX業者を使う際にはあまり信託保全については期待しないほうがいい。

海外業者のリスク2:逃亡・バックレ

ごく一部ではあるが、最初から集めたお金を運用することなく、持ち逃げを前提として設立している会社も存在した。こういった会社に資産を預けると、出金依頼をしたとしてもいろんな理由をつけて、その依頼を断る口実を作ってしまいお金が戻ってくることはない。

・気を付けること

・ライセンスがある会社を選ぶ

無登録業者も多い。中には申請中のまま運営していたりして、真っ当な業者も多いのだが、信頼という意味においては、すでに金融ライセンスを取得しているところを選ぶのが賢明だろう。

・新興会社よりも歴史のある会社を選ぶ

新興会社はまだまだ経営が安定せず、相場の急騰、下落に耐えきれないケースが多い。

それに比べて年季の入っている会社は、リーマンショックやスイスフランショックといった大きな相場の動きにも耐えてきた実績がある。

設立して年数がたっている会社は、安心して任せられることが多い。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました