Titanfxの口コミと評判

海外FX

TitanFX(タイタンFX)は、2014年に創業された海外業者。
2013年に低スプレッドと高約定力で日本人トレーダーから支持されていたオーストラリアFXブローカーPepperStone社の役員陣が新しく日本人向けに設立した会社だ。
ペッパーストーンのスペックの高さは当時から絶大な支持を受けており、タイタンFXは、その流れを受け継いだものと言える。

メリット

・スプレッドが狭く取引コストが安い
・最大レバレッジ500倍
・MT4が利用可能
・NDD方式を採用しており、透明性は抜群
・日本語サポート対応

・スプレッドが狭い
一番のメリットがスプレッドが狭いことがあげられる。海外FXの代名詞といえるXMと比べても、すべての通貨において狭く、そのメリットが一目瞭然となっている。
ボーナスがない分、しっかりとスプレッドに還元してくれているところは歓迎すべき点だ。

・最大レバレッジ500倍・ロスカット水準20%。追証なし
最大レバレッジ500倍、ロスカット水準20%となっている。レバレッジ500倍は海外ブローカーとしては、普通だが、ロスカット水準20%あるので、ある程度の含み損には耐えることもできる。
加えて2016年2月より追証なしのゼロカットシステムを採用。預けたお金以上の損失がなくなり破産の心配をする必要もなくなった。

・MT4に加えてMT5も利用可能

従来はMT4のみであったが、2019年11月よりMT5も使えるようになった。今後はメタトレーダー5が主流になっていくことを考えると、早い段階で慣れておいた方がいい。

・NDD方式採用
スキャルピングやロットに対する規制も一切ない。国内業者が主流とするDD方式ではなく海外の会社で主流となっているNDD方式であるからこそ、取引の透明性が高く信頼のおけるものとなる。

・完全な日本語対応
日本語対応も問題ない。英語が全くできなくても日本語だけで全てを完結させることができる。

デメリット

2014年創業とまだ日が浅い
初回入金額は200USD以上
キャンペーン・ボーナス制度なし

金融ライセンスの信頼度がやや低め

 

・2014年創業とまだ日が浅い

トレードビューやXMなどと比較するとまだ創業してからの年数が少ない。年数が経つにつれて、信頼度も上がってくるが、こればかりは仕方のないことだろう。

 

・初回入金額は200USD以上

初回入金額が日本円にして2万円となる。ライバル業者ではお試し用に、もっと安い金額での入金で取引できるが、titanfxは口座開設ボーナスも存在しないので、これだけの金額を実際に入金してからトレードを開始することになる。

 

・ボーナスがない

新規顧客開拓のためのボーナスに力を入れる会社が多い中、
タイタンFXはボーナス制度を一切設けていない。
口座開設時はもちろん、入金キャンペーンも行っていない。

TITANFXの答えは明瞭で、ボーナスに割く分をスプレッドの狭さや
サーバの増強にあてるという方針をとっている。

ボーナス目当てのトレーダーにとっては残念だが、逆に多頻度売買を行う
中堅レベル以上のスキャルピングトレーダーにとっては、スプレッド還元
やサーバの安定性は何よりありがたいのではないだろうか。

・金融ライセンスの信頼度がやや低め

TITANFXは、バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)の金融ライセンスを取得している。

他社が取得しているキプロスやセーシェル、ニュージーランドと比較すると、取得難易度が低く、ライセンスの格付けでも1ランク下になってしまう。

とはいえ、ノーライセンスではないから必要以上に心配することはないだろう。

まとめ

派手なボーナスがないため、ボーナス狙いの初心者からは敬遠されがちだが、その分スプレッドを狭くしたり、サーバを増設するなどして、ユーザーが使いやすいように常に改善を続けているtitanfx。中級者、上級者などのベテラントレーダーや、常にチャートにはりついているスキャルパーには圧倒的な支持を受けている。

ボーナスがなくとも、ユーザビリティに徹したスペックは多くのトレーダーの心をつかんで離さないようだ。

タイトルとURLをコピーしました