(MT4・MT5)アップデート待機中と表示される時の原因と対処法

海外FX

MT4、MT5を使用している際に、画面が真っ黒になり「アップデート待機中」と表示されるケースがある。こうなると本来表示されるべきチャートが見られないので、動かない状態だと相場から目を離せない肝心の時は非常に困ってしまう。

この原因や対処法についてまとめてみた。

「アップデート待機中」の対処法、解決方法

気配値表示ウインドウより、表示したい通貨ペアをクリックした状態で、「アップデート待機中」と表示されたチャートへドラッグアンドドロップを行うと、表示が変わって、選んだ通貨ペアのチャートが表示される。

これで、ほとんどのケースは解決されるはずだ。

「アップデート待機中」と表示される原因

MT4,MT5で「アップデート待機中」と表示される原因としては以下のケースだ。

・取引口座にログインできていない
・口座タイプに合ったチャートが表示されていない
・取引可能な限月が過ぎている

・未売買が続いたため口座凍結

原因1 取引口座にログインできていない

MT4、MT5の右下の接続状況で、通信バーが赤色になっている場合、ログインに失敗しており、MT4、MT5のデータ送受信をできていないことが考えられる。
ID,パスワードを確認して再度ログインしよう。

原因2 口座のタイプに合ったチャートが表示されていない

複数の会社の複数の口座を使っている場合、それぞれの専用のチャートを開かないと「アップデート待機中」の文字が出てきてしまう。

同じ会社であっても、複数口座を持っていても同様だ。たとえば、XM tradingでマイクロ口座、スタンダード口座、Zero口座を3つ開設していた場合も、その口座のチャートを開く必要がある。マイクロ口座の場合は「銘柄micro」、スタンダード口座は「銘柄」Zero口座は「通貨ペア(ドット)」表示のチャートを開こう。

原因3 取引可能な限月が過ぎている

銘柄ごとに取引時間が違い、限月(取引期限)が過ぎていても表示されない。期限付きの銘柄の期限が切れていた場合も期限切れとして扱われる。期限月や取引時間は利用会社の公式ウェブサイトで確認できるので、そこで確認しよう。

原因4 未売買が続いたため口座凍結

トレードを行わなかったため、休眠口座とみなされ、口座凍結になったケースだ。会社によって期日は異なるが60日、90日といった期日が多い。会社のサポートセンターに連絡することによって凍結は解除できる。

他にも「回線不通」「無効な口座」といった表示がされることがあるが、回線不通はインターネット環境がおかしくなっていることが多く、無効な口座も休眠口座になっているケースが過半数を占める。

*サーバの性能の問題で落ちることも
ユーザー側の責任ではないが、業者のサーバーの性能の関係で動きが止まるケースはよくある。楽天FX、oanda、fxcm、FXddなどはトラブルが多い印象を受ける。

メタトレーダーは、メタクォーツ社が開発した世界で最も使われているトレードツールだ。国内では少数派だが、海外では圧倒的なシェアを誇っている。会社によって、使い勝手もだいぶ違っているので気を付けよう。ここでは、シェアが世界トップクラスでサーバがしっかりしていて人気が高い、XMtradingを例にあげている。

MT4の動きが遅ければより早いMT5に変更することも可能

MT4は旧バージョンだが、メタクォーツ社では既にサポートを打ち切っており、MT4の新バージョンをアップデートすることはなく、MT5をおすすめしている。

メタトレーダー4の後継版がMT5であるが、当初はなかなかMT5の普及が進まなかった。しかし何度もアップデートしバージョンアップを繰り返すことによって、MT5は大分操作しやすくなった。動きもMT4と比べて3倍~20倍はよくなっているので、操作時のサクサク感が増している。特にスキャルピング等多頻度売買時はMT5が圧倒的に優位になる。

MT4とMT5の比較・両者を比べてみた

MT5とMT4の違いは?対応業者の現状からどっちがおすすめか探る
MT5はメタクォーツ社が開発するメタトレーダーの最新バージョンだ。ただ、現在では知名度、仕様者数ともに以前のバージョンのメタトレーダー4の方が上回っているのが現状だ。「MT5を導入したいけどまだ時期尚早なのでは・・?」「MT5とMT...

MT5のダウンロード方法

XM-MT5のダウンロード
当記事ではXM MT5の無料ダウンロードからインストール、実際の操作方法の手順までを解説する。これを行うことにより、Windows,Mac上でのMT5でトレードを行う環境を整える事ができる。ここでは、一番人気のXM-MT5を例にとっ...

タイトルとURLをコピーしました