XMの口座開設方法

海外FX

XM(エックスエム)は最大レバレッジ888倍でゼロカット(追証なし)、専業兼業問わず、日本人のトレーダーから圧倒的な支持を受けている海外FX業者だ。

この記事では、XM-Tradingの口座開設方法について解説していく。

初心者は「海外業者だから不安」って思うかもしれないが、心配は不要だ。手続きはとても簡単で、口座開設するまでおよそ5分で完了する。
追証もないので破産することもない。どこまでもユーザーの立場に立ち、トレードに専念できる環境を作ってくれるXMで口座を開設することが勝ち組トレーダーの入り口になるだろう。

XMの口座開設方法の流れをステップ毎に解説

ここでは、リアル口座開設方法の説明をしていく。順番を追っていけばやり方は非常に簡単で難しいことはない。

XMのリアル口座を開設

XMリアル口座開設ステップ
1、公式サイトのXMリアル口座開設フォームを開く
2、リアル口座の登録1/2を入力
3、リアル口座の登録2/2を入力
4、Eメールで本人確認認証を行う

ステップ1、XMリアル口座開設フォームを開く
まずは下記リンクからXM公式サイトの口座開設ページに進もう。

ステップ2、リアル口座の登録1/2を入力
XMリアル口座開設フォームを開き「リアル口座の登録 1/2」に進む。
こちらではすべてをお願いします。

個人情報
(全て半角英数字で記入)
下のお名前 = 例:Taro(名前を英語で入力)
姓 = 例:Yamada(苗字を英語で入力)
居住国 = 例:Japan(リストから選択)
希望言語 = 例:日本語(リストから選択)
電話 = 例:+819012345678(最初のゼロを外して入力)
Eメール = 例:abc@gmail.com(自分のメルアドを入力/メールアドレス登録は一人一つまで)

「電話」項目の「+81」とは国際電話で用いられる日本の国番号のこと。
居住国で「Japan」を選択すると自動表示される。

「+81」の後に続く電話番号は最初のゼロを抜いて入力する。

例:09012345678
→+819012345678

取引口座詳細

取引プラットフォームと口座タイプを選択する。

取引プラットフォーム = 例:MT4(FXならびに株価指数、金属、エネルギーのCFD)
口座タイプ = 例:マイクロ(1lot=1,000)

・MT4とMT5はどっちがおすすめ?
→MT4はMT4向けのインジケータを既に利用している人、におすすめ。
MT5は裁量取引をする人におすすめ。

MT4
世界で一番人気No.1の取引プラットフォームで、海外のFX会社はほぼ全て導入している。
シェア1位だけあって、EAやカスタムインジケーターの種類も一番多い。
使い方の解説サイトも多く、問題があった時に対処しやすいでしょう。
メモリの消費量が少ないので、性能の劣る古いパソコンスペックでも動かせる。

MT5
MT4の後継プラットフォーム。
動作スピードが早くなり、時間足数の増加などさらに使い勝手が良くなった。
インジケータの数も年を追うごとに増えて今は問題ないレベルまでになっている。

MT5とMT4の違いは?対応業者の現状からどっちがおすすめか探る
MT5はメタクォーツ社が開発するメタトレーダーの最新バージョンだ。ただ、現在では知名度、仕様者数ともに以前のバージョンのメタトレーダー4の方が上回っているのが現状だ。「MT5を導入したいけどまだ時期尚早なのでは・・?」「MT5とMT...

・口座タイプはどれがおすすめ?
一番無難なのは、スタンダード口座。半数以上の人はスタンダードメインで取引を行っている。

スタンダード口座
XMの中でも、一番多い利用者がこの口座。
ボーナスもフル活用できて、ハイレバ888倍も使える。
初心者でもロットを小さくすれば、十分に利用できる。

マイクロ口座
10通貨から取引できる小口トレード口座。
1ポジションでは10万通貨までの注文となり、大口取引はできない。
FXが全くの初めて、副業レベルの収益でもOKの人向け。

XMZERO口座
ゼロの名の通り、スプレッドが0。取引コストがかからないのは、ECN方式採用のため。
レバレッジが500倍、ボーナスは新規口座開設のみなので、ある程度資金があったほうがいいだろう。
スキャルピングはこの口座がおすすめ。

全て入力できたら、「ステップ2へ進む」をクリック。

ステップ3、リアル口座の登録2/2を入力
「リアル口座の登録 2/2」というページを入力していく。

■個人情報

下のお名前 = 例:タロウ(下のお名前を全角カナで入力)
姓 = 例:ヤマダ(苗字を全角カナで入力)
生年月日 = 例:1980年1月1日(「日→月→年」の順でリストから選択)

■住所詳細

入力後に、本人確認の為の住所確認書類の提出が必要になるが、その書類とここの記入が一致する必要があるので
記入間違いに注意しよう。

都道府県・市 = 例:Tokyo(都道府県と市を英語で入力)
番地・部屋番号 = 例:101-1-2-34(丁目・番地・号・部屋番号などを入力/建物名は省略)
区町村・町名 = 例:shibuya,Shibuya-ku(区町村と町名を英語で入力)
郵便番号 = 例:1234567(ハイフンは必要なし)
納税義務のある米国市民ですか? = 例:いいえ(リストから選択)
番地・部屋番号には15文字までの入力なので、書ききれない時は、
マンション・アパート名は省略しよう。

英語での住所のスペルが分からない。
住所の入力は英語表記なので、日本とは逆の順番となる。

例:

〒123-4567 東京都 渋谷区 渋谷 1丁目2番地3号 渋谷マンション 101号室

→101-1-2-3, Shibuya,Shibuya, Tokyo,123-4567,Japan

住所の英語訳はhttp://judress.tsukuenoue.com/で確認できる。

■取引口座詳細

投資額 (USD) = 例:0 – 20,000(リストから選択)※
取引の目的および性質 = 例:投機(リストから選択)
雇用形態 = 例:被雇用者(リストから選択)
職種 = 例:ITサービス(リストから選択/「雇用形態」を「学生/退職者/無職」にした場合は資金源を選択)
学歴 = 例:学士(リストから選択)
所得総額(米ドル) = 例:50,000未満(リストから選択)
純資産(米ドル) = 例:50,000未満(リストから選択)

この欄は、口座開設の審査に影響するものではない。具体的な数値が分からなければおおよそでも大丈夫なので、実態に沿って埋めていけばよい。

※投資額によって、レバレッジ制限がかかる。投資額は「0 – 20,000ドル」を選んでおくことで、レバレッジ888倍が活用できるようになる。
それ以外だと、最大レバレッジを「200倍」に制限される。

学歴の「学士」「修士」「博士」とは?
「学士」=大学の学部4年間の卒業者
「修士」=大学院修士課程の修了者
「博士」=大学院博士課程の修了者

■口座パスワード設定・確認事項同意

口座パスワード = 自分が設定したパスワードを入力。
口座パスワードの確認 = 口座パスワードと同じ文字列を入力。
確認 = 内容を熟読後2つのチェックボックスをチェック。
口座パスワードはアルファベットの「大文字」と「小文字」、「数字」の3種類を含み、8~15文字が必要。
忘れないように必ずメモを取っておこう。またパスワードは使いまわしではなく、XM専用のものがセキュリティ上望ましい。

確認事項にチェックを入れたら「リアル口座開設」をクリック。

ステップ4、Eメールで本人確認し、ログイン情報受領
・Eメールでの本人確認
登録メールアドレスに届いたメールを開き、
メール内の「こちら」または「Eメールアドレスをご確認下さい」をクリックし、口座開設は完了。
注:24時間以内にクリックしないとリンクが無効になる。

・ログイン情報受領
メールボックスを確認すると再度メールが届いているはずだ。

そこに書かれているIDやサーバー情報は、MT4・MT5、XM会員ページにログインする際に必要となるので、
口座パスワードと同じく、メモに記載して大切に保管しておこう。

■XMリアル口座有効化方法

口座開設が完了したら、次に本人確認書類をアップロードしよう。
XMtradingが本人を確認することで、口座が有効化される。
提出書類は、詳細が確認できればスマホ撮影でも大丈夫だ。
手軽なので、スマホ撮影が最近は増えている。

有効化に必要な書類
口座有効化の作業は、書類があれば5分もかからない。

有効化に必要な書類は「身分証明書」「住所確認書類」の2種類だ。

身分証明書例
身分証明書は「カラーの顔写真が入っている現在有効な身分証」が対象。

運転免許証
パスポート
マイナンバーカード
写真付き住基カード
外国人登録証もしくは在留カード
写真付き障害者手帳
住所確認書類例
住所確認書類は「住所が確認できる現在有効なもの」が対象となる。

運転免許証
健康保険証
マイナンバーカード
以下の書類の場合は「過去6ヶ月以内に発行され、発行日が確認できるもの」が有効。

公共料金請求書・領収書
電話料金明細書・請求書
クレジット、銀行明細書・請求書
住民票
納税関係の書類

XM口座有効化の注意事項

住所変更後の運転免許証など、最新の住所が裏面に書かれている場合は裏面も提出しなくてはいけない。

「身分証明書」と「住所確認書類」は、異なる種類の書類でなければいけない。

運転免許証やマイナンバーカードは「身分証明書」としても「住所確認書類」としても使えるが、併用は不可。

提出書類の全体が鮮明に確認できる画像を提出のこと。

利用できるファイル形式はGIF、JPG、PNG、PDFのいずれかとなる。

アップロードできるファイルサイズは5MB以内となる。

XMの口座を有効化させる

会員ページへログイン
まずはXM公式サイトから会員ページにログイン。

XM公式サイトトップからログインする場合は、サイト上部の「会員ログイン」ボタンからログイン。

「こちらより口座を有効化する」をクリック

有効化されていない状態でログインすると「お客様の口座は有効化されていません。」と表示される。

「こちらより口座を有効化する」をクリックし、書類提出ページに進もう。

「こちらより口座を有効化する」というボタンが無い場合
もし先程の画像のような画面が出てこない場合は、左上にある「ようこそ、○○」の横にある「▼」マークをクリックし、
「書類をアップロードする」をクリックして下さい。

本人確認書類を2種類提出

参照をクリックして、提出書類を選択する。
選択したら「書類をアップロードする」をクリック。
提出書類はスキャンでもスマホ撮影でも可能。
書類のアップロードが完了すると以下のようなメールが届きます。

本人確認書類のアップロードから3営業日以内に有効化が完了

書類の提出後、早ければ1時間以内、長くても3営業日以内には有効化が完了する。
(繁忙期でなければだいたい当日中に有効化される)

有効化が完了時には
「口座の有効化および顧客区分のお知らせ(XM)」というメールが届くので、これで有効化は完了となる。

有効化が完了すると、マイページ左上の「ようこそ、○○」の隣に「認証済」と緑色で表示される。
これで晴れてXMでの全ての機能が使えるようになる。

ボーナスをもらってノーリスクでトレード

3000円ボーナスだけでの取引も可能。つまりノーリスクだ。

XMの3000円ボーナスだけで取引
XMの新規口座開設者にはもれなく3000円のボーナスがついてくる。せっかくだからこのボーナスを最大限に生かす方法はないのだろうか。自身は全く入金をせずにボーナスだけで取引したらどうなるのだろうか。

入金方法

XMのおすすめ入金方法について

XMのおすすめ入金方法
XMtradingのおすすめ入金方法についてまとめた。現在、クレジット/デビットカード・国内銀行送金・電子ウォレットの3種類の方法が用意されている。いずれのやり方にも一長一短があって、分かりにくいが、結論から言うと、国内銀行送金がおすすめ...

利益が出たら出金

利益が出たら出金しよう。

XMの出金方法は楽天銀行よりソニー、住信SBIがおすすめのわけ
XMの出金方法は複数あるが楽天銀行の口座を持っている人も多いだろう。銀行も数多くあるが、その中でも楽天銀行を出金に使った際の、メリットやデメリット、あるいは同じネット系バンクで人気の特に高い住信SBIネット銀行、ソニー銀行と比べてどうなの...

高いレバレッジはどうすればいいの?

特徴ののひとつが888倍という高いレバレッジ。このような高い率は国内の業者ではみたことがないと思う。国内だったら25倍が限度なので、まさにけた違いだ。

よくネットや雑誌などで一気に資産を増やした億トレーダーが紹介されているが、彼らが資産を急激に増やせているのは、高いレバレッジをかけていることがミソだ。

XMでは、888,500,400,300,200,100,66,50,25,20,15,10,5,3,2,1といった倍率を選ぶことができる。ここで注意してほしいのが、一気に「888倍」といった高いレバレッジを選択してしまいがちだが、まずは10倍以下の低いところでゆっくりとはじめるのが正しいやり方だ。

はやく稼ぎたい、という気持ちは理解できる。しかし、当然マイナスになったときの振れ幅も大きいわけで、自分の手法が確立してMT4やMT5の操作に慣れるまでは低い倍率でトレードをおこなっていこう。

レバレッジについては何度でも変更が可能なので、最初は低倍率ではじめる方がより安全だ。

リアル口座とデモ口座、どっちを開設したほうがいいの?

結論から言うと、「リアル口座で3000円のボーナスを使ってリスクなしのトレードをしよう。」

デモ口座は所詮デモにしかすぎない。車の教習所で最初にシミュレーターを使った、模擬運転をやるのを想像してもらえれば分かるが、実際の路上とはまったくの別物だ。
XMの特徴として「多彩なボーナス」があげられる。口座開設をおこなうだけでも「3000円」をトレード資金として使うことができる。
ロットを最小限に抑えることで、より多くのリアルトレードを完全無料でおこなうことができるようになる。

欲張ることなく、まずは3000円を10000円にすることを目標にしてみよう。

口座開設時のFAQ

Q,リアル口座の開設を申し込みしたが、メールが一向に届かない。受信設定も迷惑メール拒否設定もおこなっていない。指定受信もXMからのメールは登録している。

A,過去に、違反を口座凍結された時と同じメルアドで登録した。取引時間外やメンテナンス中に申し込みをおこなった。などが考えられる。金曜日に申し込みをすると、土日は休みで本人確認ができないため、月曜日以降となる。あとは、メール側の問題で、yahooメールなどフリーメールだと受信が不安定なときもある。

所定欄の記載に不備があったため、登録ができていないケースもある。再度、ひとつひとつを確認しながら入力をおこなっていき、それでもメールが届かなければ、メールかチャットでサポートに問い合わせしよう。

Q,マイナンバーの提出は必要?

A,不要。
2016年からマイナンバー制度がはじまった。これによって、国内FXで新規口座を開設する場合は、マイナンバーが必須となるが、XMでは必須ではない。
通知カードしかもっていない場合は、マイナンバーをお持ちですか?にたいして「いいえ」を選んでおけば大丈夫だ。

Q,VPSサービスは利用可能?

A,VPSサービスはリアル口座開設の方に限り、XM会員ページより申込むことが可能だ。
条件として口座に28ドル以上の残高が必要となる。
口座に5,000USD以上の有効証拠金があり、1か月あたり5往復ロットまたは500往復マイクロロット以上の取引がある場合だと無料で利用できる。

*申し込み方法
会員ページから、口座開設時にご登録メールアドレスあてに送付された、「XMへようこそ」
というタイトルのメールに記載されている、「お客様のMT4/MT5のID」と、口座開設時にご登録した「パスワード」を入力してログイン。

「口座」より、「VPS」をクリック*VPSサービス申請後のサポートは、VPS提供会社であるBeeksFXより英語でおこなわれる。
日本語ではないので注意が必要。
手数料は毎月第一営業日にMT4/MT5口座から28USDが自動引き落としとなっている。

*XMのVPSサービスについて
XMロンドンデータセンターからおよそ1.5kmのところに位置する、仮想専用サーバー(VPS)に光ファイバー接続でリモート接続が可能。
これは常時監視の必要がなく、PCの電源をオフにしても、止まることなく稼動できる。
XMVPSサービスは、1.5 GB のRAM 、20 GB のハードドライブ容量と、600 MHz の専用CPU パワーでWindows 2012 サーバーへのアクセスをおこなっている。

Q,両建てはできる?

A,両建てとは、同じ通貨で「買いポジションと売りポジション」を同時に持つことを指す。XMでは、同一口座の両建てのみ認めている。XM内複数口座での両建て、異業者間での両建ても禁止となっている。
これは、自分が入金したお金であっても、ボーナスであっても同様となる。両建てをおこなうことで、出金拒否につながることもありますので、注意してほしい。

Q,XM-tradingってどこの会社?

A,XMを運営する会社は 正式名称をTrading Point Holdings Ltdといい、キプロスに本社を構えている。

Q,口座開設は何歳からできるの?

A,満18歳以上から口座開設が可能となる。
日本国内の会社は「満20歳以上」からになっているところがほとんどなので、それよりも早く口座開設ができる。

Q,英語力に不安があるんだけど?

A,日本語だけで問題ない。
XMは日本人向けに日本語サイトを用意していて、日本語でみることができるからだ。
もちろん日本語サポートも問題ない。スタッフもネイティブ日本人なので、スカイプ、メール、電話、のいずれの対応で言葉の問題で戸惑うことはないだろう。

Q,必要書類を教えて。

A,身分を証明する書類、現住所を証明する書類が必要となる。身分証明書
XMの口座開設を有効化するために身分証明として認められるのは、写真付きの公的書類となる。運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、マイナンバーカードのいずれかをスキャンするかスマホで撮影して送信する。
マイナンバーは国内の会社では必須だが、XMは海外の会社となるため必須ではない。

住所証明書
XMが住所の証明書として受け入れているのは、クレジット・銀行明細といった公共料金請求書もしくは住民票、健康保険証のいずれか。身分証明書としてパスポートを提出していれば、運転免許証を住所証明書類として提出することもできる。
公共料金の請求書は過去6ヶ月以内のものにかぎる。免許証は当然有効期限内であることが求められる。

Q,口座タイプはどんなものがあるの?

A,一般的なスタンダート口座、小さいロットで取引できるマイクロ口座、スキャルピング用のZERO口座が存在する。マイクロ口座とスタンダート口座の違いは取引量の差だけとなる。マイクロの取引ロット単位はスタンダートの100分の1の設定になっている。
マイクロ口座の1ロットは1000通貨、スタンダード口座の1ロットは10万通貨となっているので、少額の取引をおこなう場合は、マイクロ口座の開設がベストだ。ゼロ口座はマイクロ、スタンダードと比べてスプレッドが狭いECN口座になっている。
スプレッドが狭いが、代わりに手数料がかかるので注意が必要だ。
それでもトータルコストは安くつくので、スキャルピングをおこなう人は、ゼロ口座がおすすめだ。ZERO口座のマイナス点としては、3000円の新規口座開設ボーナス、100%入金ボーナス、ロイヤルティプログラムといったボーナスポイントが付かないという点になる。
スプレッドのコストをとるか、ボーナスをとるか、最初にはっきりと決めておいた方がいいだろう。

Q,口座は1人いくつまで持つことができるの?

A,XMでは同一名義で8口座まで保有することができる。
スキャルピング用とスイングトレード用に分けたり、ハイレバレッジ戦略用、自動売買用など、ご自身の戦略によって使い分けるといいだろう。
注意点としては、XMでは一定期間入金や取引がない場合は、休眠講座とみなされて口座が凍結されてしまう。サポートに連絡することで解除できるが、凍結が長期間に及ぶと再度使うことができなくなり、また新しく口座を作ることになってしまう。自分で使う分だけの口座を持ち、数は作りすぎない方がいいだろう。

口座有効化

Q,書類を送ってから口座有効化にはどれくらいの時間がかかる?

A,1時間以内~1営業日。
担当者がすぐに書類を確認できた場合、10分後ぐらいには使えるケースもある。
金曜日の夜などで土日をまたぐと来週の月曜日以降になる。

Q,口座有効化完了メールに記載の「リテール顧客」とは?
A,「個人顧客」のこと。個人トレーダーはほぼ全員がリテール顧客として区分される。

XMからの「口座有効化および顧客区分のお知らせ」メール文に、

「お客様は、Investment Services and Activities Regulated Markets Law およびそこで発行された関係指令に従い、「リテール顧客」として区分されています。
この区分は、お客様の取引に関する知識と経験について、登録過程で提出された情報を元になされています。
お客様には、「プロ顧客」または「適格取引先」という、異なる区分を要求する権利があります旨、ご承知おきください。」
とある。

「リテール(retail)」は、「一般消費者に対する小売」と訳される。
顧客が法人・業者ではなく個人に対して使われる。

XMで口座開設する人はほとんどが個人になるので、該当者全員がリテール顧客で区分される。

その他「プロ顧客」、「適格取引先」があるが、これは、機関投資家や超大口顧客となる。

数億~数十億単位の取引者が該当し、1億未満の取引だとリテール顧客に区分される。

ボーナス、スプレッド、MT4、MT5の利用条件など取引条件は、顧客区分で分けられるものではなく、
平等に扱われる。

普段の取引で不利益を被るわけではないので、全く気にかける必要はない。

XMボーナス

Q,口座開設3,000円ボーナスはいつから利用できる?

A,新規開設ボーナスは口座開設後、身分証明書・住所確認書類をホームページよりアップロードし口座が有効化された後に利用可能となる。

Q,新規口座開設ボーナスは追加数口座でもらえる?

A,一番最初の新規だけになるのでそれ以降の追加口座ではもらえない。
入金ボーナスについては、追加口座、複数口座でも受け取ることができる。

スマホ取引、タブレット取引

Q,PCがないので、スマートフォンで取引可能?タブレットでも取引できるか?

A,チャートをしっかりと把握するためには、チャートが見やすいPCがあるとより便利だが、必須ではない。
XMはMT4というアプリに対応しているため、iPhone、Android端末、どちらでも利用可能だ。
iPadやAndroidタブレットにも専用のアプリがあり、どちらでもトレードすることが可能だ。

入金について

Q,入金する方法はどんな方法がある?

A,クレジットカードでの入金
国内銀行への送金
ビットコインでの入金
bitwalletからの入金
stickpayからの入金
上記の方法がある。

Q,入金の手数料は幾らかかる?

A,すべての入金方法においてXMが手数料を負担してくれる。
銀行送金を使った場合は、ご自身の銀行に払う送金手数料はトレーダーの負担となる。
また海外送金をした場合も同様となる。

出金方法の種類について

Q,出金する方法はどんな方法がある?

A,クレジットカードへの出金(入金額まで)
ビットコインへの出金(入金額まで)
海外銀行からの送金(限度額なし)
bitwalletへの送金(限度額なし)
i-accountへの送金(限度額なし)

入金ルール、出金ルール

Q,入金額までしか出金できないとはどういうこと?

A,マネーロンダリング防止のため、クレジットカードやビットコインへの出金は入金額をそのまま戻すという対応になっている。
もしクレジットカードから入金して、そのまま銀行出金できてしまったら、それはカード会社が規制しているショッピング枠現金化に当てはまってしまう。
また仮想通貨の現金化も非常にシビアな問題になっており、なかなか仮想通貨を換金できるような対応をしてくれるFX会社は存在しない。
これは国際的なマネーロンダリング対策なので今後も変わることはありえない。
そのため利益が出て、入金額以上の出金をしなければいけない場合は銀行送金、bitwallet、i-accountなどを使うことになる。

口座開設時のレバレッジは?

Q,レバレッジはいくらまで?

A,最大レバレッジは888倍になっている。
また1,2,3,5,10,15,20,25,50,66,100,200,300,400,500,888の中からご自身が自由に選択することができる。
口座残高が10万ドルを超えた場合、レバレッジは100倍に制限される。残高が10万ドルを下回ればまたレバレッジを上げることができる。
レバレッジコントロールすることで、少ない資金でも大きく増やせるのが魅力だ。

口座解約の方法

Q,口座を解約したい場合はどうすればいいの?

A,XM口座を解約したい場合は各口座にログインして、口座解約の申請フォームより解約の申請を行います。24時間後、キャンセルしなければ口座は永久凍結される。
XMは1人8口座まで持っていますのですべての口座で解約申請が面倒な場合は、サポートに連絡して一括して閉鎖してもらうことも可能だ。

タイトルとURLをコピーしました