XMのマイクロ口座について調べてみた。スタンダード口座との比較も

海外FX

XMには3つの口座タイプがあるが、ここではマイクロ口座(xm micro)をとりあげる。スタンダード口座、XMZero口座と比較して何が違うのか、また最初はどれを選べばいいのかの基準についても記していきたい。

XMマイクロ口座とは

XMマイクロ口座とは、XMの3つの口座タイプのうちの一つで、文字通りスタンダード口座と比較して「マイクロな取引」(より小ロットでの取引)ができる口座だ。


マイクロ口座のスプレッドと取引単位


マイクロ口座のスプレッドは、スタンダード口座と同じとなる。異なる点は、1ロットあたりの取引単位だ。

スタンダード口座、XMZero口座の1ロットは10万通貨なのに対し、マイクロ口座の1ロットは1000通貨となっている。

XMtradingの最小取引ロットはいずれの口座タイプも「0.01ロット」のため、マイクロ口座では最小「10通貨」でトレードができる。


ただし取引プラットフォームの違いによって、最小ロットは違ってくる。

・マイクロ口座 : 1ロット=1,000通貨
最小ロット数=0.01(マイクロ)ロット=10通貨 (MT4)
最小ロット数=0.1(マイクロ)ロット=100通貨 (MT5)
最大ロット数=100(マイクロ)ロット=100,000通貨

・スタンダード口座 1ロット=100,000通貨
最小ロット数=0.01(スタンダード)ロット=1,000通貨
最大ロット数=50(スタンダード)ロット=500万通貨

最小ロット「10通貨」はどれぐらいなのか

10通貨というと相当に小さい。相場が1pips動いても動くお金は0.1円と極小だ。
仮に、100pipsだとしても10円にしか過ぎない。日本国内業者だとほとんどが100通貨が最小となっているので、それよりも小さいといえる。

損失は少ないが、当然ながら儲けも少なくなる。


マイクロ口座とスタンダード口座は最低入金額が異なる

2つの口座では最低入金額が異なる。

スタンダード口座→100ドル
マイクロ口座は→5ドル

実に500~600円で取引が始められるのだ。必要証拠金も少なく済み、初心者にとっては、ありがたい口座だろう。

デモ口座とリアルマイクロ口座の違いについて

これだけ小さいロットであれば、損失も少ない代わりに、儲けも少なくなってしまう。つまり初心者向けともいえるし、バックテスト用の口座だともいえるが、それであれば「デモ口座」という全くお金のかからない口座も存在する。
デモ口座とリアル口座の違いは、サーバーの違いにある。

スプレッドも約定力の違いによるスリッページもデモとリアル口座とでは異なってくる。

「おかしい、デモ口座では勝てていたのに、リアル口座では思ったほどの成績が出せない・・」というのは、サーバーの違いによるところが大きい。

それともう一つは、実際のお金を使っていないことで、気持ちが練習モードから切り替わらずに、本番トレードになっていないことがあげられる。

デモトレードだと分かっているので、負けても懐が痛むことはないから、エントリーポイントを探すのも、決済するのも本気になれない。そういう中途半端な気持ちのトレードと実際のリアルマネーでのトレードは気持ちの入り方も本気度も全く違ってくるのは当然だろう。

幸いXMのリアル口座では「3000円の口座開設ボーナス」がついてくるから、これを利用するのが賢い方法だろう。ボーナスだから負けても懐は痛まないし、勝ったら利益分はそのまま出金できる。トレードを行うにはもってこいの環境なのだ。


自動売買のバックテストにも使用可能

自動売買(EA)はXMで使うことができる。デモ口座でバックテストを行うことも可能だが、前述のとおりサーバー環境が異なるので、約定力の違いによるスリッページの発生や、スプレッドの違いもあるので、デモ口座だとどうしても異なった結果になってしまう。
半面マイクロ口座の最小ロットで運用すると、リスクを最小限にして正確なデータを得ることが可能だ。
EAのバックテストではマイクロ口座がリスクマネジメントの面でも有効となる。

マイクロとスタンダード口座のどっちを選ぶべきか?

基本的には同じ口座タイプで、「ロット、pips」「最小、最大ロット」「通貨ペアの表示名」「最低入金額」が違うだけだが、どちらを選んだらいいか迷う人もいるだろう。そこでここに大まかな区分分けを行ってみた。

マイクロ口座がおすすめ
10,000円以下のお試しトレードがしたい
FXビギナー・超初心者
お小遣いを稼ぎたいトレーダー
リスクをなるべく減らしたい
EAのバックテストをしたい

スタンダード口座がおすすめ
50,000円以上で本格トレードがしたい
10万通貨以上でポジションを持ちたい
専業トレーダー
FX以外の株式CFD、コモディティCFDなどトレードチャンスを増やしたい
1ロット = 10万通貨の他社でトレードを行ってきた

XMマイクロ口座まとめ


マイクロ口座は、扱うロットが小さい分、その分損失が少ない代わりに利益も少なくなってしまう。
「ハイレバで一気に稼ぐのが海外FXの醍醐味では?」と感じるかもしれないが、それでもやはり全くの初心者であったり、手持ちのお金が少ない人にとってはやはり多額の金銭を投ずることは心配だし、不安にも感じるだろう。

そんな時はまずマイクロ口座の最小ロットから始めていけばいいのだ。
そしてMT4やMT5の扱いにも慣れ、自分の戦略が確立してはじめて、追加でスタンダード口座を加えてそこからロットをあげていけばいい。

一気にハイレバではなく、最初は徐行運転から慎重に入っていくことも、退場しないためには必要な考え方だ。マイクロ口座はスタート時に強い味方になってくれる。

タイトルとURLをコピーしました