ゼロカットシステム

海外FX

ゼロカットシステムとは、急激に相場が動いた時に、ロスカットが発動しない場合に、その際発生した「追証」をゼロにしてくれる仕組みのことをいいます。

このサービスは国内のFX業者には導入されておらず、海外FXのみサービスとして取り扱っていることから、これを決め手にして海外ブローカーに口座を開設する人もたくさんいます。

この仕組みがあることによって、投資家は追証地獄という名前の借金におびえることなく、
トレードに取り組むことができるようになりました。

メリット

損失が限定されているため、ゆとりを持ってトレードに取り組める

デメリット

追証がないという安心感から取引が雑になってしまうことも

ゼロカットが実行されるタイミングは業者ごとによって異なる

海外業者は、ゼロカットシステムを導入しているところがほとんどですが、
実行されるタイミングは業者によって変わってきます。

ゼロカットが実行されるタイミングを、当サイトで紹介しているFX業者で比較してみましたので、参考にしてください。

XMTrading 次回入金時にゼロカット実行
HotForex 次回入金時にゼロカット実行
LAND-FX  サポートセンターにゼロカット申請をすることでゼロカット実行
TitanFX  平日ロールオーバー後(日本時間7時)
FxPro   24時間以内に自動でゼロカット実行
AXIORY  24時間以内に自動でゼロカット実行

■海外FX特有のゼロカットシステム

国内業者にはなく、海外業者にだけ存在するゼロカットシステムですが、
その理由としては、海外の会社がNDD方式という取引方式を採用しているからです。

つまり、
海外業者の利益がスプレッド(手数料)のみで成り立っているということです。

トレーダーが少しでも取引を多くしてもらった方が会社としては利益があがるわけです。

もちろん追証のように借金を背負ってしまうリスクもあるため、投資家にとっては
大きなロットでの取引を躊躇してしまうことも多いのですが、
そういった人々のリスクを最小限に減らして会社が肩代わりしてあげることによって、
投資機会を増やしてもらおうという考えなのです。

トレーダーとしては、借金の恐怖がなく、リスクが限定されるため、安心して取引が
できるようになり、スプレッドで成り立つ業者にとっても取引回数が増えるのは、
喜ばしいことなので、まさにWIN-WINの関係になるのです。

■国内FX業者がゼロカットをとりいれない理由

「海外業者が取り入れているのであれば国内業者も同じようにサービスすればいいのに」
と思われるかもしれませんが、日本のFX業者は金融庁の規制で、ゼロカットは禁止となっています。

法律で定められている以上、仕方ありませんが、以前にはトレーダーの追証損失を補ったとして東郷証券が金融商品取引法違反容疑で強制捜査されました。
このときに、元巨人軍の投手でばんせい証券の社長までつとめた林泰宏容疑者が、金融商品取引法違反(損失補填等の禁止)容疑で逮捕されています。
国内の会社がまったくもって安全ともいえないのがこういった事件をみても分かります。

日本国内の金融ライセンスは法律の縛りがあって、サービスも限界があるのですが、その代わり、全額信託保全などの保護措置などのメリットもあるわけです。

どちらをとるかは人それぞれですが、ある程度の経験を積んだトレーダーが国内から海外業者にメイン口座をシフトするのを見ていると、やはりゼロカットでリスクヘッジすることの大切さを改めて実感します。

・海外業者のゼロカットは問題ないの?

国内業者が禁止されているのに、海外業者はやっているって法律に反してるのでは?
と思われるかもしれませんが、海外の業者は日本の金融ライセンスの取得義務も
なければ、金融庁への登録義務もありませんので、問題ありません。

・顧客に追証請求がないと、海外業者の負担が増すのでは?

ゼロカットで追証をなくすと、その分ブローカーが負担するわけだから、
業者の経営が成り立たないのでは?
と考えるかもしれません。

スイスフランショック級の大変動の時は、多くのトレーダーが追証の借金が発生したのですが、
業者は、しっかりとゼロカットを実施して、顧客の損失が広がらないようにつとめてくれました。

そして、各会社は対策としてレバレッジコントロールをおこないます。
FX業者は急変動がおこりそうな時間によってレバレッジに制限をかけています。
理由としては、万が一相場の急変動が起こった場合でも、ハイレバレッジを利用している顧客に多額の追証を負わせないためです。
これにより、極端なマイナスが出ないような仕組みとなりました。

そしてもう一つ、万が一海外FX業者が経営破綻してしまっても分別管理や信託保全という、トレーダーの資金を守る制度を導入しているのです。

■まとめ
ゼロカットシステムの概要を説明してきましたが、これにより追証地獄に陥ったり、借金を背負って退場ということがなくなりました。
借金を背負うことのない安心感から、海外業者の口座開設が一気に増えてきました。

タイトルとURLをコピーしました